トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

中学2年生:写生会

04月

22日

2015

新宿御苑において、中学2年生の写生会が行われました。
天候に恵まれ、教室内では味わうことの出来ない開放感の中、満足の出来る1日を過ごしていました。八重の桜が、つつじの花が咲く広い苑内ですが、生徒は絵を描くのに適した場所探しに散らばっていきました。また、東洋、西洋の方たちが多く見られ、質問された生徒たちは、物怖じすることもなく明るく対応していました。
この後、クラス代表の作品を展示し、生徒らによる投票により優秀作品を選出し表彰します。(美術科 岸 記)

P4220830.JPG     P4220879.JPG

本校合唱部が"音楽復興支援"に参加しました。

04月

22日

2015

1面「3.11」本校合唱部の澄みわたる歌声.jpg去る3月26日、合唱部は「音楽復興支援 オーケストラとうたう日本の合唱フェスティバル」に参加させていただきました。
東日本大震災のあとに、福島在住の詩人・和合亮一氏がツイッターで書かれた「詩の礫」に心を動かされた新実徳英氏が作曲した「つぶてソング」。この歌を歌いつなぎ、震災を忘れないようにしていこうというのがこの演奏会の目的です。昨年に続いて2度目の参加です。
 昨年は福島第一原発の事故で被災した福島県大熊町立大熊小学校と大野小学校の校歌を代わりに歌うということで、出演のお話をいただきました。今年は、「東北地方のわらべうたによる九つの無伴奏合唱曲」の中から2曲と「故郷」などをご披露しました。歌が復興の支援になるのです。今年度の参加により、音楽の力と可能性を以前にも増して感じることができた演奏会になりました。

(合唱部顧問 三戸 記)

平成27年度 文女祭スローガン決定

04月

16日

2015

9月26日(土)、27日(金)に行われる本校の学園祭『文女祭(あやめさい)』のスローガンが決定しました。

毎年この時期までに生徒会総務役員がスローガンを考え、スローガンに沿った文女祭にするようにと企画運営を行います。
今年は、

  Story of our life ~今この瞬間を刻め~

となりました。この言葉には『昨年、文京学院は創立90周年を迎えました。それを基に創立以来の伝統を受け継ぐとともに、様々な変化に挑戦してきました。今年から文京学院のコース制度が変わり、新たなステップを踏み出した今、この瞬間を大切にし、これからの未来へ向かっていきたいという思い』が込められています。
来月から実行委員の募集が始まり、文女祭に向けて本格的に動き出します。

(写真は昨年の文女祭の様子です)

DSCN1609.JPGのサムネイル画像DSCN1935.JPGのサムネイル画像DSCN1826.JPGのサムネイル画像DSCN1834.JPGDSCN1929.JPGのサムネイル画像DSCN1944.JPGのサムネイル画像

 

前の3件 99  100  101  102  103  104  105  106  107  108  109
資料請求