トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

平成26年度「校内運針競技会」

11月

21日

2014

Speech Contestの熱気冷めやらぬ19日の放課後、進学棟内BAL Studioにおい、伝統の「校内運針競技会」が開催されました。中高各クラスの代表2名が、日ごろの運針の成果を競います。規定時間内で、どれぐらい縫えるかだけでなく、その美しさも審査対象です。「始め」の声がかかるまでの雰囲気とはうって変わって、競技中は静粛そのもの。まさに「針の落ちる音が聞こえるほど」です。また、今回は創立90周年を記念して、在校生保護者と卒業生も参加、観覧されました。お母様、卒業生の腕の見せ所といったところでしょうか。
5、6時間目には英語でのスピーチやプレゼンテーションが行われ、その30分後には運針競技会が行われる(両方に出場した生徒もいました)。英語教育と伝統教育という本校の特色が表れた1日となりました。

DSC02181.JPG     DSC02190.JPG     DSC02184.JPG

高等部高校2年生・修学旅行の事前学習

11月

20日

2014

PB190524.JPGPB190525.JPG

 高等部高校2年生は、来年の2月末に修学旅行に出発します。
海外(マレーシア)と国内(九州)の選択性になっていますが、基本的な流れは同じです。現地に行く前に、現地のことを詳しく調べてから現地を訪れます。そして、現地で体験したことを事前学習に上乗せして、更なる知識を身につけて帰ってきます。コンピューター実習室では、国内(九州)に行く生徒たちが、11のテーマに別れて調べ学習を開始しました。来月までにそれぞれのテーマに関するレポートを作成し、修学旅行のしおりに掲載することになります。
文京生だけが持つガイドブック作りを目標として、みんな楽しみながらも真剣に作成しています。

第42回「Speech Contest」

11月

19日

2014

第42回「Speech Contest」が開催されました。「暗唱部門」「スピーチ部門」「海外帰国生スピーチ部門」に加え、90周年である今年から「プレゼンテーション部門」を新設しました。更に、学園長である島田先生の名前を冠した「The Shimada Prize」が総合優勝者に贈られることになりました。この本選に出場するまでに、第二次予選が行われたこともあり、どの部門も例年以上に高いレベルの発表になりました。

DSC02100.JPGDSC02110.JPGDSC02111.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

高校1年生が対象である「暗唱部門」は、夏休みの間に指定された英文を暗記し、9月からクラス予選が行われました。各クラスの代表者が第二次予選に進み、ここで勝ち抜いた5名が今日の本選に臨みました。
「スピーチ部門」「海外帰国生スピーチ部門」は夏休みに原稿を書き上げ、原稿審査を受けます。ここで選ばれた生徒が第二次予選、本選と進みます。さすがにレベルの高いコンテストとなりますが、特に海外帰国生のスピーチは圧巻で、会場からは歓声ともため息ともとれるような声があがっていました。

DSC02114.JPGDSC02131.JPGDSC02138.JPG

そして新設「プレゼンテーション部門」では、1年英語クラスから2組、2年理数クラスから1組が出場。初年度ということもあり、見る側も期待が高まります。そして見事その期待に応えてくれる内容・完成度でした。1年英語クラスからは、スターバックスコーヒーのロゴについて調査し、その魅力をテレビのレポート形式で発表した組、Hip-Hopダンスの発祥とその時代背景について実際のダンスを交えて発表した組が登壇。例年のSpeech Contestとは一味ちがう雰囲気に、会場は大いに盛り上がりました。そしてSSHの取組みとして日ごろプレゼンテーション能力を養っている理数クラスからの出場組は、"Euglena - the solution for food shortage -"と題し、ミドリムシとその発酵についての研究過程について発表。理数クラス以外の生徒は、改めて彼女たちの研究レベルの高さに驚いていました。

DSC02142.JPGDSC02145.JPGDSC02146.JPG

例年以上に本校の特色が反映された今年のSpeech Contest。来年もレベルの高い、そして個性的なコンテストになることが期待されます。

DSC02104.JPGDSC02160.JPGのサムネイル画像DSC02172.JPG

前の3件 115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125
資料請求