トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

中学校:「第75回 入学式」を挙行しました。

04月

6日

2022

春らしい陽気に恵まれた4月6日。併設大学(文京学院大学)構内の「仁愛ホール」にて、「第75回 入学式」が挙行されました。

20220406_jr_入学式 (6).JPG20220406_jr_入学式 (4).JPG

今年度より中学高校校長に就任した清水校長の式辞に続き、島田学院長・理事長からは「目標」を立てることの大切さを新入生に伝えるお話しがありました。同時に、今年度より中学校・高等学校の他、幼稚園・大学・大学院を含む学校法人文京学園を「学校法人文京学院」に改称したことをご報告させていただきました。(改称に関するニュースリリースはこちらをご覧ください)

20220406_jr_入学式 (15).JPG20220406_jr_入学式 (18).JPG20220406_jr_入学式 (21).JPG

本校と教育提携を締結し、1月から本校校舎の隣(「インター共用棟」)での生活が始まっている「アオバジャパン・インターナショナルスクール」からPaul Fradale校長(光が丘キャンパス校長)を来賓にお迎えし、英語と日本語を織り交ぜたご祝辞をいただきました。小学校での式典との違いを感じた新入生も少なくなかったかもしれません。

20220406_jr_入学式 (23).JPG20220406_jr_入学式 (16).JPG

式の最後には、管理職と中1学年所属の教員が紹介されました。

20220406_jr_入学式 (29).JPG20220406_jr_入学式 (30).JPG

新入生の皆さん。今日からの6年間、生活面や学習面で立ち止まりそうな場面があるかもしれません。そんなときは、本日紹介されたメンバーに加え、中学校・高等学校の全教職員が皆さんの6年間を全力でサポートしていきます。どんなことでも相談してください。一緒に充実した6年間を送りましょう。

20220406_jr_入学式 (45).JPG

 

学院長メッセージ(学院長・理事長:島田 昌和)

04月

6日

2022

2022年4月1日より前任・島田燁子学園長の後を引き継ぎ、学院長(学校法人名変更に伴う役職名変更)に就任しました。長らく教鞭をとってきましたのは、文京学院大学経営学部を中心として主に大学生に対してであります。しかし、実は最初に教壇に立ちましたのは25歳の時で文京学院の高等学校(当時は文京学園女子高等学校)で日本史や現代社会を担当しました。また、大学の教員と兼務で長らく高等学校や中学校の副校長・学事顧問を兼務してまいりました(2015年まで)。

文京学院は幼稚園から中学校・高等学校・大学・大学院を設置し、学院全体では6000名を超える園児・生徒・学生が学んでいます。小学校こそありませんが、総合学園として「自立と共生」を建学の精神として大事にし、社会に出て自ら考えて行動し、同時に自分と同じように他人を思いやれる人を育成してまいります。

これから来る未来がいかになるかを誰も予見することはできず、大きく変化し始めた激動の時代であり、新しい社会を切り開く力が必要とされています。社会が求める人材育成は何なのかを社会に出るすぐ手前の大学が迅速に受けとめて、それに見あった教育を提供して行くことを目指していきます。それと同時に中学校・高等学校においても、その変化をすぐさま共有し、その準備段階の教育をどう変化させれば良いかを連動させてまいります。

また、国境を越えたグローバルな世界になっていく、つまり国内にも外国人が増え、日本人も一層世界に出て行く事が求められる時代になってきています。それに対応するための国際感覚や国際的な視野、国際言語とも言える英語を柔軟に操れる能力が求められます。そのためにもキャンパスにアオバジャパン・インターナショナルスクールを誘致し、教育連携を深めて参ります。実は大学レベルでも都内にある米国の私立大学日本校との教育提携を進めています。高校生にとっても恩恵を得ることが出来るかもしれません。

私事ですが、4月初めの入学式で新入生と同じスタートに立ちたいと思い、本校の伝統教育の柱とも言えるペン習字年間600枚に私もチャレンジすることを宣言しました。実は若い頃に一度チャレンジしたことがあり、その時は残念ながら途中で挫折した苦い思い出があります。2度も挫折はできないと、宣言するには勇気がいりましたが、デジタルの進む今の時代にあえてこのアナログなことにチャレンジすることは、もしかしたら何か新しい発見があるのではないかとも思った次第です。早速、時間の隙間を利用する意識が生まれ、それが生活にメリハリをつけてくれます。ペン習字を書いている生徒の皆さんにはそんなことは百も承知の事かもしれませんが、やってみて始めてわかる事は往々にしてあります。

中学生・高校生の皆さん、目の前のことを少しでも一工夫して取り組んでみましょう。変化を取りに行く人を目指しましょう。その先にこそ、未来を自分の手で掴めると信じて日々を過ごしてみましょう。

(学院長・理事長 島田 昌和)

20220430_理事長先生_ペン習字(FULL) (3)-2.JPG

中学校・高等学校:修了式

03月

24日

2022

春の陽気に包まれ、中学校、高等学校共に「修了式」が行われました。時差登校とし、高等学校、中学校の順に式を行いました。

20220324_jr_hi (5).JPG

式後は、教室を次の学年に引き渡すため、教室の図書や備品、個人の荷物を移動させ、普段以上に入念な掃除。思いがけず「発見」された品々を囲んで、この1年を懐かしむ姿も見られました。

20220324_jr_hi (8).JPG20220324_jr_hi (6).JPG

思い出にクラス毎の集合写真を撮る学年も。撮影の瞬間だけマスクを外した顔は、皆一様に笑顔でした。

20220324_jr_hi (12).JPG20220324_jr_hi (13).JPG

新型コロナウイルスの影響で様々な行事や活動が制限された1年でした。必要な対策を継続し、少しでも状況が好転することを祈りつつ、来る新年度を待ちたいと思います。

20220324_jr_hi (2).JPG

前の3件 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19
資料請求