トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

第65回卒業式

03月

8日

2013

併設大学(南北線 東大前駅)において、第65回卒業式が行われました。3年生の最後の晴れ舞台は、春を感じる暖かな天候に恵まれました。会場には大勢の保護者の皆さんがお越しいただきました。文京マーチングユース部が演奏で花を添えてくれました。
 
佐藤 芳孝 校長より、卒業生312名一人一人に卒業証書が手渡されます。その表情は本当に誇らしげでした。でも、少しだけ寂しそうでもありました。
 
生徒会長が「感謝の言葉」の中で3年間の様々な出来事を振り返りました。本校史上初となる体育祭三連覇を成し遂げた学年だったため、特にその達成感が思い出されました。
*体育祭の様子はこちらをご覧ください
「文女-あやめ- 5月」
「Movies」
 
卒業生の皆さん。卒業式での様子は本当に立派でした。皆さんを誇りに思います。そして、3年間皆さんとともに生活できたことを本当に嬉しく思っています。これからそれぞれの進路に分かれ、各方面で活躍してくれることを教職員一同心より願っています。文京学院での思い出、そしてこの学校で学んだ一つ一つのことを大切に、より素敵な女性になってください。また皆さんに会える日を心待ちにしています。 

第48回「富士賞授与式」

02月

13日

2013

第48回「富士賞授与式」が挙行されました。
本校の創設者である島田 依史子先生が、校訓である「誠実・勤勉・仁愛」の精神を体現した生徒を褒めてあげたいとして設けられたのが、本校で最も栄誉ある「富士賞」です。
今年度は「総合部門(個人表彰)」に5名、「団体部門」にソフトテニス部、硬式テニス部、ソフトボール部、文京マーチングユース部、新体操部、サッカー部、バレーボール部、図書委員会、生徒会が選ばれました。
 
本校の伝統教育であるペン習字を年間600枚書きあげた生徒ならびに保護者・教員も表彰されます。保護者の方14名、教員は3名が表彰されました。副校長である高石先生は23回目の大記録を更新中です。学園長 先生からは「社会生活や、就職活動のための履歴書やエントリーシートを記入する際、美しい字が書けることのメリットは計り知れない。美しい字は他人から信用される元になる。一生の財産です」とペン習字を続けることの意味が伝えられました。
 
続いて、先の「春の高校バレー」全国大会において日本中に大きな感動を与えてくれたバレーボール部の表彰が行われました。会場には準々決勝(柏井戦)のダイジェスト映像が流され、改めて彼女たちの健闘が称えられました。

*「春の高校バレー」の様子はこちらから

雛人形飾り

02月

5日

2013

 
生徒会総務役員がホール前とエントランスに雛人形を飾りました。
 
十数年前の卒業生のお母様から寄付された八段飾りの雛人形。
 
文京生の健やかで幸せな成長を見守ってくれるでしょう。
 

前の3件 143  144  145  146  147  148  149  150  151  152  153
資料請求