トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

STYLISHデザインコンテスト

02月

9日

2011

 
毎年行われている「STYLISHデザインコンテスト」に初めて応募しました。

応募総数2,234点の中から、「木苺のティーパーティー」というテーマで取り組んだ手作りエプロンが特別賞を受賞しました。
 
このエプロンは学園祭の部活研究展示で着用したものです。紅茶同好会の先輩がデザインし、後輩が作り方を習って完成させました。
 
製作した生徒さんによると「ボリュームのあるスカートのおかげで、とても人目を引きました。スカートのふんわり感を出すのが難しかったのですが、女の子っぽさが全面に出るデザインなので、着ているほうも楽しかった」とのことです。
 
掲載されている講評は以下の通りです。
エプロンにオーガンジーを使うという発想がおもしろい。テーマに合わせた雰囲気が出ています
(文化服装学院 木本先生)
ラブリーで可愛いエプロン。製作中の写真も楽しそうです
(ラブベリー 赤谷さん)
色、素材、フロントのリボン使いなど統一感があって完成度の高い作品です
(ベネトン 中里さん)
日頃運針で培った技術も存分に活かせたようです。お裁縫の学校として始まった文京学院の伝統を見た思いがしました。

理数クラスがテレビ取材を受けました

01月

28日

2011


NHKのテレビクルーが取材のため本校を訪れました。「理系を目指す女性の増加」をテーマにした特集で、その分野に進路を決めた理数クラスの3年生がインタビューに応じました。 
 
インタビューを受けた生徒さんは、工学に興味を持つようになったきっかけや、今後の目標などについて堂々と、そして生き生きと答えていました。21世紀を担う女性として、とてもたくましく映りました。

 
 
本校の理数クラスでは、SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)で採択された実験や、大学と連携した先端的な実験等を行うことで、通常の高等学校では得られない経験が得られます。
そうした経験を通して理数クラスの皆さんは、興味・関心を追求し、進路を実現させています。
また「科学塾」もそうした生徒たちを応援しています。(詳細は本ホームページでご覧頂けます)
 
本日の撮影の様子は、NHK「おはようニッポン」(2月4日7:00~7:45)で放送予定です。
 

平成23年度入学試験

01月

21日

2011

 
平成23年度入学試験が始まりました。受験生の皆さんは、緊張した面持ちで校門をくぐられました。
A推薦入試が行われた21日は電車トラブルがありましたが、大きな混乱もなく試験をスタートすることができました。
 
試験会場の様子です。試験開始まで、黙々と参考書を読み返す人もいれば、手のひらに「人、人、人・・・」と書き続ける人も。
これまで学んできたこと余すことなく出し切りたいという皆さんの気持ちがひしひしと伝わってきました。
 
午後には面接が行われます。筆記試験以上に緊張した面持ちの受験生に、お手伝いの在校生が優しく声をかける場面も見受けられました。
 
休日にもかかわらず、大勢の3年生がお手伝いを引き受けてくれました。受験教室への誘導や、試験会場でのお手伝いなど大活躍です。
ある生徒さんにお手伝いを引き受けた理由を尋ねたところ、「3年前に自分がしてもらったことを還元したい」とのことでした。
 
受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。緊張の連続で疲労もたまっていることと思います。風邪などひかないよう体調にはくれぐれも気をつけて下さい。
また、お手伝いを引き受けてくれた3年生の皆さん、本当にご苦労さまでした。

前の3件 153  154  155  156  157  158  159  160  161  162  163
資料請求