トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

第63回卒業証書授与式

03月

8日

2012

第63回卒業証書授与式が挙行されました。
会場は東京メトロ南北線東大前にある本校併設大学(文京学院大学)のMECENATです。平日にも関わらず、大勢の保護者もご列席頂きました。
 
佐藤校長から、卒業生一人一人に卒業証書が手渡されると、いよいよ「卒業」が現実のものとなり、会場の雰囲気が変わり始めました。
 
在校生代表として現生徒会長が登壇し、卒業生達のこれまでの功績を称える言葉を贈りました。
その言葉を通じて、卒業生は自分たちの高校生活を噛みしめるように振り返っていたようです。
 
続いて卒業生代表、前生徒会長が登壇しました。先生方や保護者の皆様、そして共に3年間を過ごした友人達に感謝の言葉を伝えました。
卒業生全員が共感できる言葉に、会場全体が涙に包まれました。
 
卒業生が退場した後、ご列席頂いた保護者の皆様へ学園長と校長からご挨拶させて頂きました。
 
友人や後輩、先生方と思い出話に花が咲き、中庭は式後しばらくの間にぎやかでした。
それは、「この門を出たら、文京での生活が終わってしまう」寂しさに対する最後の抵抗のようでもありました。
卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。皆さんを見つめ続けた3年間も、今日で終わってしまいました。寂しい気持ちでいっぱいです。ですが、担任の先生に名前を呼ばれ、大きな声で返事をし、胸を張って卒業証書を受け取る姿は、本当に頼もしく映りました。文京学院で過ごした日々を人生の糧に、これからの人生を謳歌して下さい。そして、頑張って、頑張って、少し疲れたときには、また文京に顔を見せに来て下さい。教員一同、皆さんにまた会えるのを心から楽しみにしています。

情報A 収穫祭

02月

27日

2012

27日(月)の昼休みに、高1「情報A」の課題で育てていた稲の収穫祭を行いました。

「情報A」では毎年ホームページを作成してコンクールに応募していますが、今年は「里山と米」というテーマで新聞を作っていました。
 
収穫したお米をみんなで分け合うための案を募ったところ、たくさんの意見の中からポン菓子にしようという案に決定し、ポン菓子の実演販売を行っている吉田さんに来ていたくことになりました。
 
大きな音とともに白煙を上げて飛び出してきたポン菓子に、生徒たちも興味津々でした。
 
出来上がったポン菓子は情報係が袋詰めして、1年生全員に配られました。
 
吉田さんはポン菓子の実演でTV出演などもされている方で、小学校教諭の経験もおありになるということで、今回は実演の後に特別講義をしていただきました。

ポン菓子が10倍に膨らむ原理など興味深いお話に、生徒たちも聞き入っていました。
 
「情報A」の課題で作成した新聞は、チャレンジプログラムのページにて公開致します。


試験前日の昼休み、生徒たちも束の間の息抜きができたことでしょう。

吉田さんありがとうございました。

後期期末考査

02月

21日

2012

 
後期期末考査が始まっています(1年生は28日から)。4日間(1日2科目から3科目)にわたって行われる、今年度の集大成とも言える考査です。
文京学院では、試験1週間前から基本的に部活動も活動を休止し、万全の体制で試験に臨みます。
 
終礼後即座に帰宅する生徒さんもいれば、図書館やBAL Studioに併設された自習室で試験準備に勤しむ姿も多く見かけます。
至極当然のことながら、学校の中心は学習です。普段とはまた違った真剣な表情で考査に臨む生徒さんの様子から、そのことがひしひしと伝わってきました。

前の3件 155  156  157  158  159  160  161  162  163  164  165
資料請求