トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

スピーチコンテスト

11月

17日

2010

文京恒例のスピーチコンテストが開催されました。今年で38回目を迎えた歴史あるコンテストです。
夏休みに原稿を書き、ネイティブスピーカーによって選出された出場者達が各自のスピーチを披露するスピーチ部門と、提示された英文を暗唱し、その技術を競うレシテーション部門があります。
開催に先だって英語科主任から開会宣言がありました。
 
こちらが審査員です。様々な観点から発表を採点します。
国際塾塾長の櫻井 博先生の姿も見えます。
 
会場では1年生が発表を聞きます。2、3年生は教室でテレビを通して参加します。
手元には生徒の皆さん用の審査用紙が配布され、入賞者を予想します。各部門の1位から3位までを予想できた人には「ピタリ賞」が与えられます。
 
国際塾や帰国生の在籍数が増えたことなども影響しているのか、例年以上にハイレベルな発表が続きました。
特に初参加の1年生のレベルの高さには英語科教員からも驚きと喜びの声が多く聞かれました。
 
スピーチ部門のタイトル
・My New Dream
・About a Family
・Nonverbal Communication
・Nokogiri Mountain
・Through Softball
・My Treasure
 
司会進行ももちろん全て英語で行われます。1年桜組(英語クラス)の3名が担当してくれました。
こちらも素晴らしく、滞りなく会は進行しました。
 
全ての発表が終わり、審査が行われている間、ゲストスピーカーのスピーチが行われます。
今年はニュージーランドに長期留学し帰国した3年生が"The Last Garden of Eden"というタイトルで、環境破壊をテーマに高度なスピーチを披露しました。
英語レベルの高さは言うまでもなく、会場を巻き込むパフォーマンスは圧巻でした。
 
入賞した皆さんはもとより、全員が極めて高いレベルの発表であったと審査員も絶賛した38回目のスピーチコンテストが幕を閉じました。
スピーチ部門の優勝者をはじめ入賞者のうち5名は国際塾受講生でした。日頃の成果が見事実を結んだようです。
1、2年生の皆さん、また来年皆さんのスピーチを聞けることを楽しみにしています。
 

工学院大学 デジタルアートコンテスト 表彰

10月

28日

2010

3年生 情報Cの授業課題で「工学院大学デジタルアートコンテスト2010」に応募した作品が、見事「優秀賞」に入選しました。
 
28日に工学院大学の椎塚先生が来校され、表彰が行われました。

今年は291件もの応募があり、動画やインタラクティブコンテンツなど動きが目を引く作品も多い中、優れた作品性が評価されて、静止画では最上位の入選であったとお褒めの言葉をいただきました。
 
作品名「ツンデレ」
伝わりそうで伝わりづらい思春期の女の子の複雑な気持ちを流行りの『ツンデレ』という言葉をもとに表現しています。

その他の入選作品や審査員講評などは、工学院大学のホームページでご覧いただけます。
画像をクリックすると大きいサイズで表示します    

創立86周年記念講演会

10月

23日

2010

10月23日の本校創立記念日に文京学院大学本郷キャンパス仁愛ホールで記念講演会が開催されました。「文京学院はスポーツと学業の両立を目指す生徒を応援します」というメッセージを発信するスポーツ講演会となりました。
 
第1部は文京学院大学保健医療技術学部教授で医学博士の福井勉先生のワークショップ講演「スポーツ障害の予防を考えよう」です。
 
本校中高の運動部員を中心とした350名の参加者は、メモを取りながら熱心に聞き入っていました。
 
第2部は元全日本女子バレーボール代表でロスアンゼルスオリンピック銅メダリストのスポーツプロデューサー三屋裕子氏の講演「人生のデザイナー いつも燃えていたい」です。
 
中学時代から大学時代、そして実業団での選手時代。苦しい練習に耐えながらオリンピックを目指した日々。
自分で選択して歩んできた人生を「自分の手でデザインして創り上げた一生の財産」と生徒たちに熱く語ってくれました。
 
講演終了後、本校バレーボール部の生徒から感謝の花束を贈呈させていただきました。
 
運動部員の皆さん、今日の講演はいかがでしたか。ためになる、そしてとても感動的な話を聞くことができました。
さあ、明日からの練習、がんばりましょう。

前の3件 155  156  157  158  159  160  161  162  163  164  165
資料請求