トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

体育祭

05月

20日

2010

今年も東京体育館で体育祭が開催されました。

あいにくの雨模様でしたが、屋内のため、練習の成果を力いっぱい発揮することができます。
電光掲示板には競技の模様がライブで映し出され、見逃してしまったゴールシーンなどもじっくり見ることができます。
 
100メートル走や玉入れ、綱引きなどの体育祭では定番の競技はもちろん、本校の体育科が考案する様々な競技に選手達は果敢に挑戦します。
 
競技はクラス対抗、学年対抗の得点制となっており、各クラスや所属学年の選手に大きな声援が送られ、会場はとても盛り上がります。
 
先日こちらのページで練習風景を紹介した3年生が出場する「大縄飛び」の様子です。

1週間にわたって早朝から練習した成果を出し切りました。
 
こちらも恒例になっている後援会の皆様と教員が出場する特別レースです。

佐藤校長先生も張り切って参加しました。
その後ろで倒れている先生、けがには気をつけてください。
 
1年生が優勝、僅差で3年生が2位、次いで2年生という結果になりました。

感激のあまり、うれし泣きしてしまう1年生の様子も見受けられました。
 
体育祭成功の陰に、朝早くから集合し、人知れず働いてくれた実行委員の皆さんの努力がありました。

皆さんのお陰ですばらしい体育祭になりました。
本当にご苦労さまでした。

留学生 終了式&Farewell Party

05月

18日

2010

早いもので留学生の文京滞在も今日で最後です。終了式とFarewell Partyが開かれました。

終了式の後、留学生が企画したゲームが始まりました。
 
最後に留学生から歌のお土産もありました。

Back Street Boysの『I Want It That Way』を全員で歌ってくれました。
 
委員長の挨拶通り、これからも皆さんの友情が、ブライアンマクマン高校と文京学院の友情がずっと続いていくことでしょう。
 
最後に国際交流委員長から英語でお別れの挨拶がありました。

さすがに委員長、流ちょうな英語で「私達の友情は続く」と言うと、文京生も留学生も何度もうなづいているのが印象的でした。

大学院(保健医療科学研究科)新設記念 文化講演会

05月

14日

2010

文京学院大学開学20周年 大学院(保健医療科学研究科)新設記念 文化講演会が5月14日(金)開催されました。

講師は2002年ノーベル物理学賞受賞、東京大学特別栄誉教授、(財)平成基礎科学財団理事長 小柴昌俊先生です。
 
「宇宙の輪廻」と言うテーマでお話をされました。
仁愛ホールはぎっしりと満席で、高校1年から3年生までの理数クラスの生徒のために前の方の席を取っていただき、間近にお話を聞くことができました。
 
地下1000m の神岡鉱山に作られた「カミオカンデ」の施設で超新星爆発によって放出されたニュートリノをはじめて検出しノーベル賞を受賞されました。
多くの方々の協力によってもたらされた賞であり、小柴先生の『ニュートリノさんありがとう』という、言葉が印象的でした。
素粒子などの内容が大変難しく全部理解することはできませんでしたが、もっと勉強してみたくなりました。

前の3件 161  162  163  164  165  166  167  168  169  170  171
資料請求