コース制の学び

コース制の学び

高等学校の学び:特色あるクラス指導

高校1・2年生(スポーツ科学コース):テーピングに関する授業

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

10月

20日

2021

In order to prepare our sports-track students for a possible career in sports athletic training is incorporated into the PE curriculum. On 10/13, this meant students learned how to tape a sprained ankle. Students also learned why a sprained ankle is taped the way it is based on human anatomy. After learning the process, students applied what they learned, and practiced taping each other. They had a great time with the hands-on experience, and are looking forward to applying this knowledge during their club activities. Next, they'll learn how to tape for plantar fasciitis!

20211013hi_sports (5).JPG

スポーツ科学コースには、将来スポーツに関わる仕事に就くことを見据え、運動選手のための教育が体育のカリキュラムに組み込まれています。

20211013hi_sports (2).JPG

10月13日、生徒は足首へのテーピングの方法を勉強しました。また、解剖学に基づいたやり方でのテーピングがなぜ必要なのかについても学びました。理論を学んだ後には、生徒は学んだことを活かし、生徒同士で実際にテーピングを行ないました。この体験を生徒たちはとても楽しんでくれたようです。今回学んだ知識を、それぞれの部活動や生活のなかで活かしてくれることを期待しています。

20211013hi_sports (4).JPG

次回は、足底筋膜炎のためのテーピングを学習する予定です。

資料請求