トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

高等学校:卒業生設立「一般社団法人 SAVE THE CLEAN WATER JAPAN」

11月

19日

2022

11月12日の放課後に巣鴨駅周辺で清掃活動を実施しました。2022年3月に卒業した生徒たちが在学中に立ち上げた「一般社団法人 SAVE THE CLEAN WATER JAPAN」のタウンクリーン活動に、在校生が参加しました。
法人を立ち上げた初期メンバーは大学生としてオブザーバー参加、現高校3年生が当日の運営を行ない、初めてこのボランティア活動に参加した在校生たちに様々なアドバイスや指示を与えていました。

20221119_hi_clean (1).JPG

以下、法人を立ち上げた卒業生からのメッセージです。

こんにちは!一般社団法人SAVE THE CLEAN WATER JAPANです。当法人は、中〜大学生までのメンバーで運営し、ボランティアの皆さんと一緒に街やビーチを清掃して、綺麗な水・海・野生動物の保全をめざしています。賛助会員の企業や、自治体、さらにメンバーの保護者にも活動をサポートしていただき、アットホームで幅広い世代が気軽に交流・参加できるコミュニティーとなっています。ゴミ拾いと同時に、様々なアクティビティーなども行うので是非ご参加ください。
運営メンバーも募集中です。詳細は法人のホームページをご覧ください。

20221119_hi_clean (2).JPG

以下、活動に参加した在校生の感想です。

今回、学校周辺でのボランティア活動を企画しました。 大半の参加者にとって、今回が初めてゴミ拾いのボランティアでしたが、 皆さん楽しみながらゴミを探してくれたので、想像以上にゴミが集まりました。 ボランティア活動を通して、日々の意識が変わると嬉しいです。 今後も楽しい企画を提案していき、 私たちの法人を様々な方に知っていただきたいです。(高校3年生 運営メンバー)

  普段下を向いて歩かないので、袋が足りなくなるほどゴミが落ちているんだなと思いました。 特にタバコの吸い殻とペットボトルが多く、捨てる場所があるんだからその場所に捨てればいいのにと思いました。 拾っている最中、たくさんの方に褒めていただけ、とても嬉しかったです。やってよかったなと思いました!(高校1年生)

普段はあまり気にしなかったので気づきませんでしたが、想像以上にゴミが落ちていて驚きました。 路地に捨てられたゴミなど、このようなボランティア活動がなければずっと放置されていた…と思うと恐ろしいです。(高校1年生)

巣鴨駅が汚い印象はなかったのですが、人目につかない場所や植え込みにゴミがたくさんあり、驚きました。 タバコの吸い殻が多く、路上喫煙の問題もまだまだ改善が必要だと痛感しました。 普段は好んで掃除をすることはないのですが、友達と協力することで楽しく取り組むことができました。(高校1年生)

20221119_hi_clean (3).JPG

受験生特設ページ
資料請求