学びと進路

ホーム > 学びと進路 > 高校 コース横断型の学び

反転学習 -「自立した学習者」育成のための取り組み- 

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

27日

2019

中学校は2021年度から、高等学校は2022年度から導入される学習指導要領を見据えて、本校では様々な教育活動を展開しています。今年度の高校1年生、数学の授業で実施を始めた「反転学習」も、その活動の一環として行っているものです。

 

【反転学習とは】   

『最初に「授業」で教員が説明をして、「家庭学習」で復習して理解を定着させる』という従来の学習スタイルに対して、【反転学習】では「授業」と「家庭学習」の順番や役割を反転させて、『まず「家庭学習」において動画教材などで予習をして、学校で行う「授業」では、理解の再確認や知識の定着・応用のための演習などを生徒同士の活動を中心に行う』という学習スタイルで学んでいきます。

反転学習fig01.jpg

2019年度の高校1年理数キャリアコースと国際教養コースTクラスでの「数学Ⅰ」の授業では、この【反転学習】を中心に数学の学びを進めています。この取組みを行う目的は、生徒に「自分で考える力」を身につけて欲しいと考えるからです。

次期学習指導要領では、「学力の3要素」として、①知識・技能の習得、②思考力・判断力・表現力の育成、③主体的・協働的に学びに向かう態度 が求められるようになります。また、「何を学ぶか」だけでなく、「どのように学ぶか」「何ができるようになるか」という観点が、より重要とされてきます。

学校の教室で、友達や先生と学ぶことのできる「授業」は、「主体的・対話的で深い学び」のできる大切な場面です。この時間を有効に使って、自分が得た知識を確認したり、活用したりして自分の中に定着させていくことや、クラスの友人と一緒に考えたり、自分自身の考えを深めていくことの楽しさを、生徒一人ひとりに感じて欲しいと考えています。

これまで一般的とされてきた、<学校の授業で、先生が教科書の内容を解説する><家庭での復習で、生徒が問題演習をして確認する>という学習方法では、学校の授業で説明された学習内容を確認するのが、家庭で自分一人の学習になります。自分の理解の度合いを確認したり、学んだ知識を定着させるための最も大切な時間に、疑問に思ったことを質問できる人がいないという「学び」では、十分な効果が得られにくいのです。

友人や先生がいる「学校の授業」という場面で、お互いに質問したり、教え合ったりすることで、自分達の理解を確認しながら定着のための演習を行う方が、より安心して学習に取り組めるのです。「生徒自身が学んでから、教員が教える」という学習方法が、最も効果的に生徒の理解を進める、という反転学習の教育研究成果も報告されています。

今まで家庭学習で予習を行うには、教科書を自分で読み解く必要があって、実際にはなかなかハードルが高いという問題がありました。本校では、e-learning教材として「すらら」や「スタディサプリ」を数年前から導入しており、2019度から「反転学習」において「すらら」を予習教材としても活用しています。学習習慣の定着には保護者のサポートも重要になるので、協力をお願いしています。2020年度からは一人1台ずつのiPad導入も行われ、web活用の学習の環境も一層整うことになります。

反転学習fig_flowchart.jpg

生徒は、チェックシートで予習の状況を自己診断して、毎日の授業に臨みます。教員は、予習による生徒の理解度を毎時間の小テストで確認しながら、必要な解説や補足説明を丁寧に行いながらも、問題演習にしっかり時間が取れるように授業を進めていきます。ペアやグループワークでの生徒同士の学び合いや教え合いを促しつつ、個別の理解度をチェックしながらサポートしていきます。

これからの学びでは、<教員から「教わる」>ことから、<生徒が「学ぶ」>ことに重点を移しています。「教員に教わらなければ、学びが始められない」のではなく、「自分で必要な情報を入手して学ぶことのできる、『自立した学習者』になる」ことが目標です。

 

高校1年生:スマホ・ケータイ安全教室

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

11日

2019

高校1年生対象にスマホ・ケータイ安全教室の講演会(講師はNTT docomoのインストラクターの方)が行われました。
様々な事例を画像や動画を使って説明してくださり、「ネットの危険性を知った上で、スマホ・ケータイを利用し、誰もがルールとマナーを守る」ことの大切さを再認識することができたようです。

生徒の感想文を紹介します。
「スマホ・ケータイ安全教室の授業を受けて、SNSは手軽で身近な分、危険が及ぶ可能性があると思いました。危険から身を守るためには、親と相談したり、SNSについてもっと学ぶことが大切だと改めて考えました。」(Kさん)

RIMG0015-s.JPGRIMG0013-s.JPGRIMG0017-s.JPG

高校1年生:レシテーション部門クラス予選

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

6日

2019

本校では、これまで47年間に渡り「スピーチコンテスト」を開催してきました。今年は48回目を迎えることになります。
本校のスピーチコンテストは、生徒自身が原稿を書き、それを発表する「スピーチ部門」と、指定された英文を暗唱し、表現力や流暢さを競う「レシテーション部門(高校1年生対象)」で構成されています。
現在、高校1年生の「コミュニケーション英語Ⅰ」の授業内では、このレシテーション部門のクラス予選が行われています。女性の社会進出に貢献したキャサリン・スウィッツァー氏の半生が描かれた英文を題材に行われている今年のクラス予選。堂々と発表に臨む生徒、緊張で「手が震える!」生徒、発表は様々です。ただ、発表がうまくいってもいかなくても、発表を聴いていた生徒たち(審査員)から大きな拍手が送られるのは同じです。
果たしてクラス代表に選出されるのは誰になるのか、そして11月の本番ではどのような発表が行われるのか。今から非常に楽しみです。

20190906 (4).JPG20190906 (5).JPG20190906 (2).JPG

高校1年生:大学キャンパスツアーの様子

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

07月

8日

2019

金曜日に「前期期末考査」が終了し、現在「自宅学習期間」となっています。
そんななか、本校進路支援部が主体となって、例年通り「大学キャンパスツアー」を開催しました。希望者を募り、いくつかのコースに分かれて大学見学にお邪魔するという企画です。そのなかでも人気のコースとなった「早稲田大・武蔵大コース」に参加した高校1年生の様子をレポートします。
9時25分、本校のカフェテリアに集合した生徒たち。バスに乗り込み、一路、早稲田大学を目指します。期末考査が終わった直後ということもあってか、バスの中は終始和やかな雰囲気でした。バスを降り、大学の正門に到着すると、日本屈指の大学だけあって、行き交う学生さんや広大なキャンパスに圧倒されていた生徒たちでしたが、案内してくださった学生さんの説明が始まると、羨望の眼差しを送りつつ、熱心に説明に耳を傾けていました。『サザエさん』に登場するマスオさんの出身大学(という設定)という話では笑いも起こっていました。正味90分間の見学ツアーの合間に20分間の休憩時間がありましたが、ここぞとばかりに担当の学生さんに質問を投げ掛ける生徒もおり、非常に充実した見学となりました。

20190708 (26).JPG20190708 (29).JPG20190708 (1).JPG20190708 (6).JPG20190708 (8).JPG20190708 (10).JPG

再びバスに乗り込み、次に向かったのは武蔵大学。規模こそ早稲田大学よりは小さな大学ですが、それゆえに少人数で行うことができるゼミに特色のある大学です。綺麗なホールで大学概要をご説明いただいた後、食堂で昼休憩。その後、学生さんによるキャンパス見学が始まりました。

20190708 (23).JPG20190708 (12).JPG20190708 (24).JPG

本日見学させていただいた大学の素晴らしさを感じることと同時に、大学という場所、大学で学ぶということ、に参加した生徒たちはより興味を強くした様子で、「より具体的に大学について調べたい」「素晴らしい大学に見合った学力をつけなければ」などという声が聞こえ漏れてきました。非常に有意義な1日になったようです。
(本日ご協力いただきました両大学ならびにご担当者様、学生の皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。誠に有難うございました。)

2019年度「大学バスツアー」コース紹介

日本大学・帝京大学コース
明治大学・日本獣医生命科学大学コース
東京理科大学・千葉工業大学コース
東洋大学・國學院大學コース
成蹊大学・東京女子大学コース
早稲田大学・武蔵大学コース
上智大学・獨協大学コース

コース・オリエンテーション(国際教養・理数キャリア)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

9日

2019

4月9日午後、ジャシーホールにて高校1年生対象のコース・オリエンテーションを行ないました。

前半は、国際教養コースと理数キャリアコースの生徒が一緒に、東京海洋大学小松俊明教授の講演をお聴きしました。小松先生には、本校探究活動の一つである「アジア研究」を3年前からご指導いただいています。今回は、高校生がアジアについて学ぶ意義について分かりやすくお話ししてくださいました。生徒達の探究活動の良い動機付けになりました。

DSC02899.JPGDSC02900.JPG

小松先生の講演の後はコース別に分かれて、国際教養コースの生徒はSGH教育センター長の杉本先生より、国際塾の受講や国際教養コースの様々な活動について説明がありました。また、理数キャリアコースの生徒は、BAL2に場所を移して科学教育センター長の椎名先生からの説明を受けました。

「未来を作るのは君達だ。」そのようなメッセージが新入生に伝わったのではないでしょうか。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
文京学院このページの先頭へ