資料請求バナー
文京学院とは

文京学院とは

文京の伝統教育

朝のことば

文京学院の精神を知る

新編「朝のことば」の「はるかぜ」103ページ・「あおぞら」123ページ・「あかつき」140ページは、文京学院の精神を知り、読むことによって自然に建学の精神が身につくことを目的に編集されました。 創立者 島田依史子、2代目校長 島田和幸の人柄あふれる魅力的な文章はもちろん、漢文や歌の歌詞を含め、有名作家から芸能人まで読みやすい楽しい文章も多く集められています。これらを読み、「考えてみましょう」の課題を自分で考え書き記すことによって、本校の精神に触れ、ものことを感じ取ったり考えたりするきっかけになるのです。

2020 (22).JPG

第2編「あおぞら」は、高校生にぜひ読んでほしい文章を中心に、第3編「あかつき」では3年生を対象とし、読解力を養い、思考力を高め、論理的に物事を考える力を養うことを目的としています。大学入試の「小論文対応」としても活用できます。 これら3冊の「朝のことば」には、本校の校訓である「誠実・勤勉・仁愛」を体現する女性になって欲しいという思い全編を通して流れているということは言うまでもありません。読書離れといわれる昨今、読書のきっかけとなり、自分の考えを客観的に見つめることも目的の一つです。

 

「新編 -朝のことば『はるかぜ』によせて-」

いい言葉に出会うと、きっといい気持になれる

本学建学の精神を、身につけ、学んでほしいとの思いから、「朝の言葉」が編集されました。 新編ー朝のことば『はるかぜ』には、古今東西の文章、詩、その他が8つのテーマに分類されています。テーマによっては、解説的な文章も加えられて、必要に応じて注釈もついています。いずれの文章からも、本校の校訓 「誠実」「勤勉」「仁愛」を読み取ることが出来るはずです。
創立者島田依史子先生の心のたより「朝のことば」に、「信用はデパートでも売っていません。」とあります。この言葉に込められた依史子先生の思いを、読み取ってみましょう。各章には、皆さんが自分の考えを記すための欄が設けられています。

第1章は、「創立の精神」です。校歌にある「万里の道も一歩の、末にひろごる富士が嶺を、恵みの園の明けくれに、鏡にかけてはげまなむ。」依史子先生は、なぜこれほどまでに富士を愛したのでしょう。考えてみてください。

第2章には、第二代目校長、島田和幸先生の文章が掲載されています。「誠実」をテーマに、創立者であり母である依史子先生の思い出と、信用の大切さが書かれています。この文は、「簡単に見えることの中に、実は一番大切で、しかも難しいものがある」ことを教えてくれます。

第4章には、福沢諭吉の「学問のすすめ」が引用されています。本文の後には、「学ぶとはどういうことだと感じましたか?」という問いがあります。

第5章には、「あなたのできること」というテーマで、帝国ホテル料理長、村上信夫さんの「お前はコックの気持ちがわかっている」と褒められた、修業時代の話が紹介されます。

「一生懸命になることって...」と題した第6章は、中島みゆきが作詞・作曲した歌「ファイト!」の、「ファイト!闘う君の唄を 闘わない奴らが笑うだろう」という歌詞が出てきます。その歌詞に込められたメッセージを考えて歌うのはどうでしょう。

最終章の「共に生きること」には、曾野綾子の文書があります。「陽は輝いて踊り」というテーマで、ブラジル奥地 の老人ホームでの体験を書いたものです。そこで、ハンセン病患者の老人が歌ってくれた感動的な歌が見つかります。私も以前に読み、感動しました。本書には、「心に響く言葉」との出会いがたくさんあります。

創設者、島田依史子先生の書き残された著書に、「人間というものは、正邪・善悪・美醜の判断を間違えず、社会人として人に迷惑をかけることなく、助け合って仲良く生きていかなければなりません。」と記されています。
みなさんも、生きていくための指針として、この言葉を心にとめておいてください。

 

 
 
<