文京学院とは

文京学院とは

Bunkyo Blog トピックス

文京学院とは

社会をデザインし、新たな仕組みを創り出す女性を育む

文京学院大学女子中学校 高等学校は、東京都文京区の女子中高一貫教育校。英語・理数教育、クラブ活動に実績がある。国際交流プログラムでグローバルな人材を育む。文部科学省「SSH(スーパーサイエンスハイスクール)」指定校。

明治維新や関東大震災など、日本に大きな出来事があった時期に女子校は設立されています。時代が動く時こそ、女性の力に注目が集まります。
震災で一家の働き手を失って、路頭に迷う女性たちの手に職を、と創立者島田依史子が学校を創立したのは22歳の時。「時代の行く手を読み取る」創立者が目指した教育の原点を、文京学院はこれからも継承していきます。

 

The road not taken ― 今まで誰も経験したことのない未来を生きる

AI(人工知能)が発達し、人の役割も大きく変化していく今、みなさんが生きていく社会には、かつてない未来が広がっています。「変化にどう対応するか」という受身な姿勢ではなく、「自ら変化を起こし、より良い社会をデザインし、実行していく」強さを身につけましょう。これまで社会に反映されるチャンスの少なかった女性の発想や、競争より共生を求めるしなやかさが、新たな世界を築きます。

 

The sky is the limit ― 女子校で"素"の自分を発見

卒業生の言葉です。「これまで男子の目を意識して、自分の出し方を考えていた。女子だけの空間を経験したら、今までの、与えられた『女性』にとらわれない『素の自分』が出てきた」
女子校では、リーダーシップも力仕事も全て女子が担います。「女の子だから」「女性らしく」と型にはめていたのは誰なのか?「女子校で育ったから、女性も何でも達成できると確信した」「女子校を経験したから、自分に自信が持てた」「女子校で勉強したから、学習に集中し、自分の限界まで努力しようと思えた」先輩たちのこの言葉を実感してください。

 

Yes, I can! の土台をつくる3年間

文京学院は97年前、22才の女性が、復興しつつある東京で小さな学校を開いたことに始まります。以来、女性が「自ら生きていく力」「多様な人々が共に暮らす社会を支える力」を鍛える場を創り出してきたDNAは卒業生に脈々と受け継がれています。高校3年間、勉強や部活動で自分の力を試し、体育祭や学園祭、研修旅行など様々な行事で仲間と協力し合い、成功も失敗も含めてたくさんの経験を積み重ねる。その中で、自分が本当に好きなもの、求めているものが見えてくるし、「大変でも何とかする」気概と自信が身につくのです。文京学院は、そんな皆さんを全力で支え、応援します。
自分たちの生きやすい社会を、自分たちの手で創る―女子校で、その発想と力を磨き、新しい時代を拓いてください。

 

 

育成する生徒像

自尊心を持ち、自らの目標を実現するために積極的に行動する生徒

皆さんは、一人ひとり、この世に一人しかいない大切な存在です。自分の良いところを見つけ、大切にしてください。そして、自分の良いところを十分生かして、どんな大人になりたいか、考えてください。そのためには、難しく見えることにも進んでチャレンジしましょう。たとえ挫折や失敗があっても、人はそこからもっとも学び、成長するのです。

   

多様性を楽しみ、他者に対して気配り豊かで礼儀正しくあれる生徒

自分が唯一無二の存在であるように、他の人もみんな、この世に一人しかいない大切な存在です。自他の違いをおおらかに受け止め、協力しあうことの楽しさを経験して下さい。「他者」とは身近な人から見知らぬ他人、自然界の動植物、私たちの生活を支えている多くのものまでを含みます。それらの存在に感謝し、気配り豊かで礼儀正しく接する人になりましょう。

   

探究・思考・議論によって鍛えられた内容を、日本語と英語によって発信する力のある生徒

勉強とは知識や技能を教わるだけでなく、よく研究し、深く考え、そしてさらに他者と意見を交換することによって、自らの学びを鍛えなおすことです。自分の知識、考えを、的確に相手に伝える力、相手の言葉を偏見なく正しく受け止める力は、社会において能力を最大限に生かすための基礎となります。国際社会を生きていくみなさんは、母国語の他に英語でもこのことができるように、2つの言語で表現する力と姿勢を育てましょう。

 

 

教育ビジョン「BUNKYO 100」

驚異的な進歩を遂げる科学技術、ますます加速するグローバル化 ―― この21世紀を自分らしく生き抜いていくために、何を学び、どのような力をつけるべきなのか。そのための指針が「BUNKYO 100」という本校のビジョンです。

 

自立した学習者の育成

コース制を基にした探究型学習のサイクルのなかで、「課題発見力」「仮説検証力」「論理的思考力」「発信力」という探究力を養成します。教科学習で学んだ知識や技能を、探究活動の中で自発的に活用して学びを深めていきます。ICTも積極的に活用することで、新たな学びを創造し、明確な答えのない課題にも主体的・協働的に取り組んでいける自立した学習者を育成します。 

世界標準の学力と人間力

驚異的な進歩を遂げる科学技術、ますます加速するグローバル化。この21世紀を生き抜いていくための「思考力・判断力・表現力」と「学びに向かう力・人間性」を兼ね備えた「ジェネリックスキル」を育むと同時に、英語4技能をそなえた圧倒的な英語力を育成します。「国際塾」に加えて、インターナショナルスクール・国際バカロレア(IB)校と連携することで、日常的に英語を活用する機会と国際的な視野や多様性を学ぶことができる環境をつくり、グローバルリーダーを育成します。

日本型教育の継承と発信

本校の伝統教育を通して身につく資質を大切に育成するとともに、世界で評価されている「礼儀・清掃活動・食育・部活動」といった日本型教育を推進していくことで、人としての品位・規律意識・自他を尊重する姿勢・物事に対する情熱といった人間教育を進め、世界に向けても積極的に発信していくことに取り組んでいます。

人生100年時代の永久サポート校

本校は、社会から求められる女性のキャリアを生涯にわたって応援していきます。卒業した後も、在校生と卒業生がずっと繋がっていくことのできる絆を大切にしています。

 

 

Bunkyo Blog

高校3年生:「校外学習」(東京ディズニーランド)

05月

19日

2022

昨年度、高校2年生だった私たちは、新型コロナウイルスの感染防止対策を最優先し、3大行事とも言える体育祭、学園祭、修学旅行を通常通りに行うことができませんでした。最高学年となった今年度、生徒と教職員が知恵を出し合って決めた2つの企画で、行事復活へのチャレンジです。

20220516_hi3_tdl (3).JPG

その第1弾は、東京ディズニーランド入場の団体招待権を賭けた抽選への応募でした。この企画は昨年度の卒業生が在校中に応募し、残念ながら抽選に外れてしまったため実現できなかったものです。しかし、現高校3年生はこの抽選に見事当選。5月16日に招待を受けることができました。

20220516_hi3_tdl (2).JPG

この企画ではディズニーランドの裏側を知ることができる「ディズニーアカデミー」を受講した上で、ディズニーランドに入園することができます。
待ちに待った当日。生憎の雨模様でしたが、そのためか園内のアトラクションは比較的空いていて、パレード以外は十分稼働していました。友人と連れ添って、目的の乗り物に乗ることができ、思い出に残る写真もたくさん撮ることができました。

20220516_hi3_tdl (5).JPG

16:30を境に居残り希望者を募ると、95.7%の生徒が居残りを希望。そんな彼女たちを歓迎するかのように、夕方のパレードの時間になると雨が止み、大音響で私たちの前にパレードの一団が現れました。今日1日を思う存分楽しみ、私たちが作った1つ目の行事を終えることができました。

20220516_hi3_tdl (4).JPG

次なる企画は、選択企画となる「熱海コース」、「相模湖プレジャーランドコース」、「観劇コース」が待っています。

学校長フォトダイアリー:「ウクライナ」

05月

18日

2022

サクラとハナミズキ.png

文京学院の春 ―― まずはサクラが咲き誇り、次第にハナミズキの白い花がそっとほころび始めます。
1912年、日本から米国ワシントンに贈られたサクラの苗木。ポトマック川のほとりで、今もなお美しい花を咲かせ続けています。そして、その返礼として日本に贈られたのが、ハナミズキでした。互いに国境を越えて命を咲かせる2つの花をタイトルにしたフォトダイアリー「サクラとハナミズキ」をスタートします。
グローバル時代を生きる小学生、中学生の皆さんに向けて、「文京学院のイマ」を写真と共にお届けしていきます。

(中学高校校長:清水 直樹)

 「ウクライナ」

生徒たちが大好きな図書館。蔵書はなんと5万4千冊以上。多くの生徒が自習に励む傍らにはウクライナのコーナーが。

20220519_pd_1 (2).JPG20220519_pd_1 (1).JPG

本日の中学朝礼では「ウクライナとロシアという国の歴史と今」、高校3年生の集会では「冷戦とその後、NATOとロシア」の話。世界で起きていることに目を向けるきっかけを。

20220519_pd_1 (3).JPG

「中学3年生の関西修学旅行」(学院長・理事長:島田 昌和)

05月

16日

2022

4月19日から2泊3日で中学3年生が関西修学旅行に行ってきました。初日の朝に東京駅に見送りに出て、生徒全員、うれしさが満ち溢れた表情をしていて実に印象的でした。実際どんな感想をいだいているのかを聞いてみようと思い、生徒有志との座談の会をセットしてもらいました。集まってくれたのは3人。3クラスそれぞれで班長さんを務めたメンバーでした。

20220514_島田理事長先生_修学旅行 (1).JPG

一番印象に残っているのはどこでしたか?という問いに法隆寺の五重の塔の高さが想像以上でどうやって建てたのかとビックリした。坂を上がって目の前に広がった清水寺、そして有名な清水の舞台に感動した。伏見稲荷の鳥居が想像以上に大きく、どこまでも山に連なっていたのに驚きました。そんな感想を語ってくれました。

3年前、対面の入学式はできず、しばらくは自宅での慣れないリモート学習となり、なんら学校行事が無いに等しい2年間を送ってきた生徒たち。友達と初めて宿泊を伴う旅に出られたことがうれしくてしょうが無かったそうです。班のメンバーで見学先をいろいろ調べて決め、そのリーダーとして利用する交通機関の時間を気にかけながら無事遂行できた満足感も語ってくれました。

20220514_島田理事長先生_修学旅行 (44).JPG

もちろん、最終日のUSJも楽しかったと語ってくれましたが、それぞれの生徒が京都や奈良の寺社仏閣めぐりを楽しみ、時代によって寺社建築の様式が違うことなどを語ってくれ、私も若い頃、中高の社会科教師の経験もありますので、立派に修学旅行としての成果をあげてくれた生徒たちにうれしくなりました。

20220514_島田理事長先生_修学旅行 (18).JPG

実はね、私、御朱印集めをやっていて、西国(関西)と板東(関東)の三十三霊場巡りの御朱印があるんだよ、と持参した自分の朱印帳を披露しました。板東の御朱印帳は五十年ほど前の小学生の時に父親と始めたもので、途中で回らなくなって長らくしまい込まれていたものを数年前に再開し、スタートから五十年もの時間をかけてすべて回って“満願成就”したものです。西国はその後に回り始め、ここ数年コロナ禍で中断しているものです。3人とも驚いてその朱印帳を眺めてくれていました。

20220514_島田理事長先生_修学旅行 (56).JPG

みんなも御利益がありそうな寺社仏閣でおみくじ引いたり、お守り買ったりするよね。この御朱印集めも最初はスタンプラリーみたいな軽い気持ちで始めたんだけど、回っているとすごく行きにくい難所のようなお寺がセットされていて、それをフウフウいいながら回るとすごく達成感があるんだよね、と話をしました。

自分の幸不幸をおみくじに託して試したり、自分の力ではどうならないものを何らか感じていてお守りを握りしめたり。これだけ労力をつぎ込んだんだからきっと御利益があるはずと自分に言い聞かせ、人は誰しも、何か目に見えないものに頼りたい気持ちを持つのは当たり前でしょう。長年の風雪に耐えた、荘厳で独特の雰囲気に満ちた京都や奈良の寺社仏閣から感じたことを発端に、そんな会話を中学3年生と交わすことができた実にいい時間でありました。

20220514_島田理事長先生_修学旅行 (69).JPG

「百聞は一見にしかず」、自分の眼で直に確かめて、自分なりの感じ方ができる人に成長していってほしいものです。

(学院長・理事長:島田 昌和)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
資料請求