国際教育プログラム

SGHアソシエイト

お知らせ

2019.04.03

「SGH甲子園2019」出場

2018.10.29

拡大版アジ研~Asian 5 Stars~

2018.10.20

ユネスコスクール認定

2018.08.23

グローバルスタディーズセミナー 最終日

2018.08.21

グローバルスタディーズセミナー その2

2018.08.20

グローバルスタディーズセミナー 開講!

2018.01.29

国際交流委員会

2017.07.19

INSPIRE@東京海洋大学 報告

2017.07.12

国際交流委員会②

2017.06.28

国際交流委員会①

2016.11.11

中学3年生:企業見学会まとめ

2016.05.18

高校1年生:シンガポールの大学生が出前授業

2016.05.07

「アジ研」第2回指導

2016.04.23

「アジ研」第1回指導

2016.04.16

国際教養コース2年対象:「アジ研」募集

2016.04.11

学生が生徒に「感動と刺激」

2015.09.09

中学校1年生:アドバンストサイエンス 第3回活動報告

2015.08.23

Global Studies Seminar アクティビティ(その3)

2015.08.22

Global Studies Seminar アクティビティ(その2)

2015.08.22

Global Studies Seminar アクティビティ(その1)

2015.08.21

Global Studies Seminar 2日目

2015.08.20

Global Studies Seminar 1日目

2015.07.07

中学1年生:アドバンストサイエンス 第2回活動報告

2015.06.30

探究の技法 中間発表

2015.06.29

総合学習 中間報告会

2015.06.22

高校1年生:探究の技法 中間発表

2015.06.20

高校1年生:探究の技法・根源の探究

2015.06.16

高校1年生:探究の技法・根源の探究

2015.06.10

中学1年生:ファンデーションステージプログラム その3

2015.06.09

高校1年生:探究の技法・根源の探究(総合学習)

2015.06.03

中学1年生:ファンデーションステージプログラム その2

2015.05.30

中学1年生:ファンデーションステージプログラム

2015.05.15

国際教養コース:課題研究がスタート。

学生が生徒に「感動と刺激」

04月

11日

2016

東京海洋大学、小松敏明教授によるSGHプロジェクト、アジア研究。グローバル体験を積んだ学生が、高校生をインスパイアする(感動と刺激を与える)「高大連携」を実践しています。
その取り組みを紹介する記事が、4月9日(土)朝日新聞の東京版に記載されました。→asahishinbun0409.pdf

以下、記事の冒頭部分です。

東京海洋大学(港区)が、アジアのトップレベルの大学と連携し、「高大連携」プロジェクトを始めた。文京区の文京学院大女子高。昨年10月、1年生の教室で生徒たちにプリントが配られた。ペットボトル、段ボール箱、生ゴミ・・・・。海に捨てられたさまざまなゴミの絵だ。
"How long does it take until it has gone?(ゴミがなくなるのに、どのくらい時間がかかると思う?)"
生徒たちに問いかけたのは、東京海洋大とシンガポール国立大、台湾大大学院の学生3人。海洋汚染の問題を考える授業で、高校生たちはグループ別に話し合い、英語で発表した。" We think that cardboard box will last for year(段ボール箱は、1年間はなくならないと思います。)” 
プラスチックは、いつまでも海にとどまる△プラスチックをウミガメがクラゲと間違えて食べて、死んでしまう△プラスチックを食べた魚を人間が食べてしまう場合もある・・・3人の学生たちは、スクリーンの映像を使い、身ぶり手ぶりを交えて英語で説明した。
台湾大大学院生のドン・チェさん(25)は、「わかりやすい英語を心がけた。生徒は予想以上に積極的。違う国の人に教えることは、自分の勉強にもなった。」生徒の一人は、「環境問題は世界共通だから、英語で話し合う機会が持ててよかった」と話した。 

4月9日(土)、小松先生が来校され、今年度のSGHプロジェクト、アジ研についてお話いただきました。→Asiken.pdf

IMGA0743.JPGIMGA0744.JPGIMGA0749.JPG

 

中学校1年生:アドバンストサイエンス 第3回活動報告

09月

9日

2015

今日のASでは、夏休み中の課題として集めてきたグミの膨張データのグラフ化を行いました。

縦軸・横軸のとり方、目盛りの読み方、点の取り方、2種類のデータを区別しやすくするための工夫、点と点をつなぐのに適しているのは曲線か直線かなど、グラフをかく上でのエッセンスを学びました。そして自分のかいたグラフを元に、真水の場合と食塩水または砂糖水の場合の膨張の変化について考察を深めました。砂糖水と食塩水のデータにははっきりと差が出てきていました。どうやら溶媒によって、膨張には変化が生まれるようです。

その後、今回の膨張に変化を及ぼした要因を考えました。温度、溶質、溶媒、濃度・・・・。溶媒候補としては、エタノール、しょうゆ、ぬかづけ、洗剤、塩麹、炭酸水、過酸化水素水、ボディソープなどなど。これから学園祭に向けて、グループに分かれ、条件を変えてこの実験を更に深めます。もしかしたら学園祭では、展示されている醤油漬けハリボーに出会えるかもしれません。

IMGP3998.JPGIMGP3976.JPGIMGP3971.JPG

Global Studies Seminar アクティビティ(その3)

08月

23日

2015

Global Studies Seminarの最終日、JICA地球ひろばを訪問しました。

まず最初に、海外青年協力隊としてラオスに派遣された経験がある「地球案内人」の方から現地での体験談を伺いました。

ラオスでは、バッグの生産・販売を軌道に乗せる支援をなさったそうですが、品質管理や接遇など日本では当たり前のことでもラオスでは初めから説明しなくてはならない、というような苦労があったそうです。そもそも、自給自足で暮らしている現地の人々に、「物を売る」という概念がなく、それを理解してもらうのが大変だったそうです。
一方、お話を聞いた生徒からは、「女性ならでは苦労した事は」「食べられなかった物はありますか」など滞在中に関する色々な質問が出ました。

その後、施設内の体験ゾーンで、世界が直面する多くの課題についての展示を見学・体験しました。ここでは、地球案内人の皆さんから実際に地雷や食料事情の話を聞いたり、展示物を触って体験することも出来ます。

午前中の英語特別講座で「大気汚染と水不足」「ごみから靴を作る」などのトピックを学んできたこともあり、関連する展示には特に興味深く見学していました。また、さまざまな国の民族衣装の試着もできました。

日本にいながら、世界の問題を疑似体験できた事で、生徒の視野が広がっていったのではないでしょうか。

DSC00322.JPGのサムネイル画像     DSC00330.JPGのサムネイル画像     DSC00328.JPGのサムネイル画像

Global Studies Seminar アクティビティ(その2)

08月

22日

2015

高校1年の国際教養コースを対象としたGlobal Studies Seminarでは、世界規模で活動しているさまざまな組織を訪問しています。

8月19日と8月20日に2つのグループに分かれて、外務省を訪問しました。当日は外務省の現役の職員の方々に省内を案内してもらった後に外務省での仕事についての説明を聞きました。

最初に案内されたのはテレビ中継で見ることができる記者会見室でした。記者会見室にはテレビ局と直接繋がっている機材や通訳の部屋など様々な設備がありました。机が下がることで座りながら喋ることができる、カメラ写りを良くする光を反射する板が用意されているなど様々な工夫に生徒は驚いていました。記社会見室を出る前に、壇上に上がり集合写真を撮りました。

他にも日本庭園や大臣専用エレベーターなど見所がたくさんありました。日本庭園が見える正門エントランスで集合写真を撮りました。

最後に現役の職員の方から外務省についての説明を受けました。外務省は一番女性が多い省だそうです。最も職員の数が少ない省でもあるそうです。また外務省に勤めた際は最低でも2年間は海外での研修があるそうです。生徒達は2年間の研修でどんなことを学べるのか、現地での暮らしについて質問をしました。他にも食事や国民性など他にも様々な質問が出ました。現役の女性職員から国際社会で活躍するアドバイスを聞くことが出来る貴重体験でした。

また国際交流に興味があるなら日本の文化を1つか2つ紹介できるようになっておくと良いということでした。習字や着物の着付けや料理などがおススメとのことです。

国際社会で活躍する女性になる上で参考になることばかりだったと思います。今回の訪問で生徒達は国際交流についてより深く知ることが出来ました。

外務省 (3).JPG外務省 (4).JPG外務省 (6).JPG外務省 (7).JPG外務省 (11).JPG外務省 (13).JPG

Global Studies Seminar アクティビティ(その1)

08月

22日

2015

高校1年の国際教養コースを対象としたGlobal Studies Seminarでは、世界規模で活動しているさまざまな組織を訪問しています。

世界各地に取材拠点を持つ読売新聞東京本社には、52名が2グループに分かれて訪問しました。
初めに記者の方々のお仕事を映像で紹介していただいた後、編集局を見学させていただきました(写真撮影はできませんでした)。次に展示物を見ながら新聞の歴史をクイズ形式で学習したり、カラー印刷のしくみを体験したりしました。

そして、今回のメインは取材体験です。模擬記者会見に参加したり、タブレットを利用して取材に出る疑似体験をしたりして記事の作成に取り組みました。必要な情報を集め、わかりやすく伝わりやすい文章を書く練習にもなりました。

P1040600.JPGのサムネイル画像P1040616.JPGのサムネイル画像P1040612.JPGのサムネイル画像

前の5件 1  2  3  4  5  6  7
文京学院このページの先頭へ