トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

図書館だより:第8号(1月発行)

01月

13日

2022

新学期が始まりました。みなさんの年末年始はいかがでしたか?

年始といえばお雑煮。私(司書)は西日本出身なので丸餅で昆布だしのすましまたは白味噌のお雑煮なのですが、東京で初めて長方形のお餅を見たときは衝撃を受けました。これがあの噂(?)の関東のお餅か...と。さて、お雑煮にはどのくらいの種類があるのかを調べましたが、具体的な数までは分かりませんでした。丸餅か・切餅か、焼餅か・煮餅か、だし汁はなにか、具は何種類でなにを入れるのか。最近は洋風にアレンジしたお雑煮も多くあるので、色々なお雑煮を食べてみたいですね。

ということで、郷土料理・郷土研究の資料もたくさん取揃えています。ご来館お待ちしております。

 

図書館だより:第8号」が発行されました。ぜひご覧ください。(PDFファイルが開きます)

中学校:始業日

01月

12日

2022

1月8日、道路にうっすらと雪が残る中、中学校、高等学校共に冬季休暇が終わり学校が始まりました。

20210108_jr (2).JPG

生徒たちが久しぶりに会ってお互いの冬休みの様子を報告し合う楽しそうな声が、どの教室からも聞こえて来ました。 1月の始業日は、例年たくさんの表彰がありますが、この日もたくさんの表彰がありました。新型コロナウイルス第6波がささやかれる中での始業式だったため、残念ながら全員でホールに集まることはかないませんでした。テレビを通して各教室に伝えられました。表彰者のみがホール壇上で表彰状、その他を受け取りました。

20210108_jr (1).JPG

また、水上茂校長先生が、大雪が降った翌日に高校バレーボール部が雪かきをし、御近隣からも感謝の声が寄せられたことに併せて、ご自身の高校時代の思い出と「きれいに片付けられた場所がなぜきれいなのかを考えてみよう」というお話しをされました。綺麗に道路脇に寄せられた雪を見たときに、綺麗に寄せてくれた人へ自然と感謝の気持ちを持って1年間生活していきたいと思います。

20210108_jr (4).JPG

1月10日は「成人の日」です。残念ながら、今年も「成人を祝う会」を開催することはできませんが、卒業生のみなさんが立派に成人し、社会のために貢献できる、社会から必要とされる人材となって、活躍することを願うばかりです。

バレーボール部:廣田さん「NEC レッドロケッツ」入団決定

12月

24日

2021

本校バレーボール部の廣田さんの「NEC レッドロケッツ」入団が決定しました。

ニュース記事はこちらをご覧ください。(「YAHOO!Japan」のニュース記事にジャンプします)

中学校:「クリスマスメニュー」の給食

12月

22日

2021

12月22日、クリスマスを3日後に控え、今年度全ての授業が終了しました。午前中で授業を終え、午後は学活・清掃後下校となりますが、その前のお楽しみが「クリスマスメニュー」の給食です。

20211222_jr_lunch (2).JPG20211222_jr_lunch (4).JPG

大人気のオムライスに、星形のハンバーグ、キッシュが添えられた給食に生徒たちは大喜び。様々が制限がある中での学校生活が続いていますが、先日の「クリスマスコンサート」に続いて、生徒たちのあふれる笑顔に、教職員も幸せいっぱいのランチタイムとなりました。

20211222_jr_lunch (1).JPG20211222_jr_lunch (3).JPG

食事後は全員で大掃除を行い、ピカピカの教室を後に下校しました。年明け早々に大会を控える部活動もあり、すぐに冬休みを楽しめる生徒ばかりではありませんが、元気に新年を迎えてほしいと思います。

20211222_jr_lunch (6).JPG20211222_jr_lunch (7).JPG

中学校:歌えなくても、音楽は楽しめる。

12月

22日

2021

12月18日(土)、例年開催している「中学校 合唱コンクール」に代えて、今年度(2021年度)は、様々な楽器を奏でて「クリスマスコンサート」を開催しました。

20211218_jr_concert (2).JPG

各学年3クラス混合でチームを作り、楽器の分担を決め、約2ヶ月間練習に励みました。

20211218_jr_concert (5).JPG20211218_jr_concert (6).JPG

当日は、髪や楽器に飾ったクリスマスカラーのリボンで気分を盛り上げてスタートです。

20211218_jr_concert (1).JPG20211218_jr_concert (3).JPG

また、サプライズで、サンタクロースに扮した校長先生からはキラキラシールのプレゼントが。マスクに貼ったらかわいいだろうと考えていましたが、生徒たちは目の周りやおでこにも貼って、メイクのように上手におしゃれをしていました。

20211218_jr_concert (4).JPG20211218_jr_concert (7).JPG

一生懸命演奏し、全員が楽しみ、笑顔溢れる1日となりました。

中学校:新しい礼法室が完成しました。

12月

22日

2021

「本部棟」(駒込側の校舎)に新しい「礼法室」が完成しました。これまでは「インター共用棟」となる校舎の礼法室を利用していましたが、新しい礼法室の完成によって、本部棟の廊下にも真新しい畳の匂いが漂っています。

20211219_jr_flower (4).JPG20211219_jr_flower (5).JPG

早速、中学3年生が新しい礼法室で「礼法」の授業を受けました。さすが中学3年生になると、袱紗裁きにも慣れてきました。本来であれば、お茶を点てて、季節のお菓子をいただくのですが、新型コロナウイルスの影響で、この2年間は所作の確認しか行えていません。高校進級前に、通常通りのお手前をさせてあげたいと現在方策を模索中です。

20211219_jr_flower (2).JPG20211219_jr_flower (3).JPG

また、この日の「華道」はお正月を意識して華やかな色合いとなりました。美しく生けられた花々で、事務所前のロビーも明るくなりました。

20211219_jr_flower (6).JPG20211219_jr_flower (1).JPG

中学校:「第41回 生徒会選挙」

12月

20日

2021

12月15日、「第41回 中学校生徒会選挙」が開催されました。

20211215_jr_election (2).JPG

入学前から生徒会活動に憧れていた、生徒会活動を通して自身を成長させていきたいなど、立候補者8人はそれぞれの抱負を掲げて、舞台上で立候補演説を行いました。立候補者はもちろんですが、投票する側の生徒たちも真剣そのもの。演説に聴き入りました。

20211215_jr_election_nikon (2).JPG

生徒会活動は、生徒会だけで行うものではなく、生徒全員で行うという大原則は、選挙の時から守られたことになります。

20211215_jr_election_nikon (1).JPG

新型コロナウイルスの感染が完全に収まっていない今、制限がある中での生徒会活動ではありますが、文京生らしく、毎日を健康に、明るく、楽しく過ごせるように、選出された第41期生徒会総務役員に中心となって活躍して欲しいです。

 

図書館だより:第7号(12月発行)

12月

9日

2021

今年もいよいよ残すところ僅かとなりました。

年末年始の図書館のメイン展示は「美味なるおはなし」特集です。読んでるうちに「ああ・・食べたい!」「寝る前なのにプリンがっ!」「神保町といえばカレー!」など、美味しい想像と楽しみが膨らむ、そんな楽しい特集です。最近、私が高校まで育った岡山のB級グルメ「えびめし」が大注目されていますが、元々は渋谷の飲食店が岡山のお店にのれん分けをしたことが発祥なのです。(そういえば、昨年度の図書館だよりで「えびめし」について書いたような...)

「大好きな食べ物の発祥を辿っていくと、思わぬところに繋がっている。」という驚きの発見をしてみませんか。あなたの大好きなあの食べ物。元々の発祥はいかに?もしかすると、独自の発展を遂げているかも?

 

図書館だより:第7号」が発行されました。ぜひご覧ください。(PDFファイルが開きます)

高校3年生:てんとう虫がやってきました。

12月

1日

2021

早いもので本日から師走。高校3年生は、明後日に迫った「後期期末考査」、ならびに45日前になった「大学入学共通テスト」に向けてラストスパート。

20211201_hi3_album (1).JPG

そんななか、「卒業アルバム」のクラスページ制作も佳境に入っています。クラスごとに趣向を凝らしたページの内容が見えてきました。「LHR」の時間、国際教養コースのとある教室でも作業が急ピッチで進んでいました。係の生徒を中心に、皆が協力して「最後の」制作に当たっていました。

20211201_hi3_album (3).JPG

自然豊かな「六義園」に面した教室の窓辺にてんとう虫がやってきたのを見て騒ぐ虫嫌いの生徒たち。一方で、てんとう虫(天道虫)は幸福を運んでくる虫とも言われているそうです。大学受験に向け、悩みの尽きない高校3年生ではありますが、きっと日々の努力が報われることを教員一同信じています。

20211201_hi3_album (2).JPG

高等学校:保護者対象「大人の授業体験」

11月

27日

2021

高校2年生の保護者の皆様を対象とした教養講座「大人の授業体験」が開かれました。開講されたのは以下の3講座です。

20211127_parents (1).JPG

英詩の世界」(佐藤 高等学校副校長:英語科)
読解力を伸ばす方法」(早乙女 教諭:国語科)
面白いほどわかる天気図」(國分 高等学校主幹:理科科)

本企画は、「開かれた学校づくり」の一環として、保護者の皆様にも本校での学びを体感していただくために企画したものです。修学旅行に向けて開かれた保護者会後の開催でしたが、50余名の方にご参加いただきました。時々大きく頷きながら、熱心にメモを取る姿がどの教室でも見られました。

20211127_parents (5).JPG

「読解力を伸す方法」を担当した早乙女教諭の、「同じ問題をお嬢さんも解いていますので、帰宅したら、聞いてみて下さいね」の声に、保護者の皆様が苦笑いする一幕も。日頃、保護者の方との会話のなかで「年ごろになった娘となかなか会話が見つからない」という声を聞くことがあります。今回の講座を契機にご家庭での会話が盛り上がるようなことがあれば何よりです。
本校では、引き続きこうした企画を開催する予定です。その際にはぜひご参加ください。

20211127_parents (6).JPG

卒業生:「二科展」で入選しました。

11月

26日

2021

本校の卒業生が8月の「二科展」に応募、見事「入選」となりました。彼女は高校在学時から「私学美術展」に出品するなど積極的に活動しており、その努力が報われた結果となりました。(「理数キャリアコース」Tクラスに在籍)。入選に関してご本人からコメントをいただきましたので、掲載させていただきます。

20211126_club_art (2).JPG

今の私があるのは本当に文京、大勢の先生方のおかげだと思っています。 現在描き続けられているのも3年前の私立学校美術展に出品したことが転機だと思っています。高3の時期に描いてる生徒がいたら止めてしまいたくなりますが、描くことを止めたり批判されることが一切無かったからです。 本当にありがとうございました。コロナ禍で思うように動けず悔しい思いをしている方々も多いと思いますが、現文京生にも様々な事に挑戦して自分の人生を切り開いていって欲しいな...と思っています。コンセプトと呼べる程のものではありませんが、『コロナの終息や様々な暗い状況に対して良い方向へ向かいますように』という様な思いで描きました。写真だとわかりにくいですが、実際は下絵としてものすごいカラフルな色を使っていてその上から黒を乗せて、擦ったりして背景を作っているのですが、「暗い中にも明るいこと(色)は沢山あり、それを照らす様な存在」としてキャンドルを用いて表現しました。 タイトルも、祈灯と書いて本当だったら「きとう」と読むところを『いのりび』と読ませており、ここだけはこだわりました(笑)。あとは純粋に油彩の様な盛り上がった(凹凸のある)絵を描いてみたかったので、自分の好きな様に楽しみながら描いた作品です!

20211126_club_art (1)-2.JPG

高等学校:「運針競技会」

11月

25日

2021

11月22日、高等学校の「運針競技会」を開催しました。
97年前、島田依史子(いしこ)先生が女性たちの社会進出を願い「島田裁縫伝習所」を創立したことが本校の始まりとなりました。そうした創立者の意思を継承する行事として、この運針競技会は毎年開催されています。(本校の伝統教育についてはこちらをご覧ください)

20211122_hi_unshin (7).JPG20211122_hi_unshin (10).JPG

例年は中高同日に開催していますが、今年度は、「密」を避けるために中高別開催となりました。15分間の静寂の中、応援に駆けつけた友人や先生方の視線を集めながら、クラス代表の生徒たちは懸命に針を進めました。

20211122_hi_unshin (12).JPG20211122_hi_unshin (14).JPG

2年ぶりの開催となった運針競技会、創立の精神を現在につなぐ本校の大切な伝統行事のひとつとなっています。

図書館だより:第6号(11月発行)

11月

24日

2021

11月の図書館は様々なイベントがありました。

文女祭当日、図書委員会はSDGs活動で社会福祉法人日本点字図書館に寄付をしました。また、読書月間の「ガチャガチャ大会」も大盛り上がりで大成功でした。更に、令和3年度「高校生言葉の祭典 『高校生書評合戦(ビブリオバトル)』東京都大会」に高校3年生が初出場しました。
あっという間に過ぎた11月。笑顔に溢れたイベント盛りだくさんの1ヶ月でした。

間もなく図書委員会&“図書館を愛するものたち” による『小径2021』が完成します。配布は終業式前を予定してますので、楽しみにしてくださいね。

 

図書館だより:第6号」が発行されました。ぜひご覧ください。(PDFファイルが開きます)

高校3年生:最後の「朝礼」

11月

17日

2021

高校3年生は「後期期末考査」が約2週間後に迫ってきました。また、総合型選抜入試や指定校推薦入試も日々行われており、少しずつではありますが「卒業」の二文字が頭をかすめるようになってきました。

20211117_hi3 (5).JPG

そんななか、高校3年生にとって最後の「朝礼」が行われました。新型コロナウイルスの影響を多大に受け、様々な場面で「自粛」「我慢」を強いられてきた現高校3年生。そうした背景もあってか、登壇した清水校長からは普段以上に心のこもったお話しがされました。

20211117_hi3 (9).JPG

その後、卒業アルバム用のクラス集合写真撮影に臨みました。普段とは異なり、白いシャツに黒いリボン。本校の「フォーマルスタイル」に身を包んだ3年生は、随分成長したように見えました。これまでの「我慢」や努力が、来年の春には大きな実を結ぶことを教職員一同心から願っています。

20211117_hi3 (12).JPG

中学校:校外学習を前に~都電沿線と渋沢栄一

11月

13日

2021

11月17日に行われる校外学習「都電の旅」が近づいてきました。これまで行事の中止・縮小を余儀なくされてきたこともあり、中学1・2年生はこの行事を心待ちにしています。

20211110_jr_shibusawa (5).JPG

11月10日、島田昌和理事長先生から、ご自身の専門である「渋沢栄一」と「都電荒川線」をテーマに、中学1・2年生を対象にご講演いただきました。

20211110_jr_shibusawa (3).JPG

「しまだせんせいって...?」同姓の学年代表を想像してしまった中学1年生もいましたが、渋沢栄一氏についての事前学習の効果もあり、当日の講演を楽しみに臨みました。
渋沢氏にとって都電沿線がゆかりの地である理由や、駅周辺の様子、言い伝えなど、様々な角度からお話いただき、生徒たちは来週の校外学習がますます楽しみになったようです。

20211110_jr_shibusawa (1).JPG

講演終了後、生徒たちが教室にもどって授業を受ける様子をご覧になりながら、「よく勉強していますね。講演もよく聴いてくれて、私も楽しく話せました」と、理事長先生も名残惜しそうに校舎を後にされました。

20211110_jr_shibusawa (4).JPG

以下、島田理事長先生よりお寄せいただいた感想です。

中学1・2年生にどれだけ話が伝わるか不安いっぱいでしたが、全員が熱心に聞いてくれて反応してくれて、実に楽しい時間でした。
王子という場所と渋沢栄一、という視点で話すためにいろいろ調べて、私自身も新たな発見がたくさんありました。江戸時代にはキツネが出るような寂しい場所だったのが、明治時代になって製紙業を中心に大きく発展し、それを渋沢栄一がそばで見守っていた、ということを、都電に揺られながら感じてもらえれば幸いです。どうぞ、久しぶりに自由に歩ける校外学習を楽しんできてください。

20211110_jr_shibusawa (2).JPG

中学1年生:「税についての作文」コンクールに入賞

11月

13日

2021

嬉しい知らせが届きました。
本郷税務署が主催する「税についての作文」コンクールに中学1年生の作品が入賞しました。

20211113_jr_sakubun.JPG

夏季休暇中に、身近にありながら、きちんと考える機会はなかなかもてない「税」ですが、毎年たくさんの応募者がいるそうです。今年は新型コロナウイルスの影響があり、例年開かれている表彰式は中止となってしまいましたが、「東京商工会議所文京支部会長賞」の賞状と副賞は後日学校にお届けしていただけるそうです。
なお、作品は文京総合体育館で開催される「税の作品展」に掲示されます。

中学校・高等学校:「文女祭」

11月

6日

2021

11月5日(金)・6日(土)に「文女祭」(学園祭)が開催されました。当初9月に予定されておりましたが、新型コロナウイルスの影響から日程の変更・規模の縮小を余儀なくされました。

20211105&6ayamesai (7).JPG

新規感染者数が日に日に減少しているとは言え、こうした状況下、どれぐらいの方がお越しいただけるものか心配もありましたが、天候にも恵まれ大勢のお客様にご来場いただけました。

20211105&6ayamesai (17).JPG20211105&6ayamesai (41).JPG20211105&6ayamesai (37).JPG

この日のために、各クラス、部活動、委員会が様々な準備を行ってきました。例年のような演技発表や模擬店の出店はかないませんでしたが、中学生・高校生ともに日頃の学習や探究活動の成果をご覧いただくことができました。様々な反応をいただくことができ、来週からの活動のモチベーションに繋がります。

20211105&6ayamesai (29).JPG20211105&6ayamesai (31).JPG

高校2年生と各部活動は自作のオリジナル動画を放映。個性的なアイディアとそれを具現化するテクニックを活かした動画のクオリティに、放映後にご記入いただいたアンケートには「感動しました」などの文字が散見されました。

20211105&6ayamesai (45).JPG20211105&6ayamesai (28).JPG20211105&6ayamesai (38).JPG20211105&6ayamesai (39).JPG20211105&6ayamesai (48).JPG

こうして今年度の「文女祭」も大成功に終わりましたが、この陰には、生徒会委員、学園祭実行委員の尽力があります。来場いただいた皆様に御礼申し上げるのと同時に、直前まで奔走してくれた彼女たちに感謝の意を伝えたいと思います。本当にお疲れ様でした。

20211105&6ayamesai (5).JPG20211105&6ayamesai (23).JPG20211105&6ayamesai (40).JPG

 

ゴミ削減目標達成(11月7日追記)

今年の「文女祭」では、SDGsの「つくる責任・つかう責任」を意識した取り組みを実施しました。生徒会役員から動画で取り組みへの協力をお願いし、装飾はなるべく燃やせるゴミにならないよう、リサイクルできる物を回収して作り上げました。全校生徒が「ゴミを出さない」「分別を徹底すること」の2つを意識してくれた結果、燃やせるゴミ・燃えないゴミの量はとても少なく、紙ゴミはほぼ全てリサイクルに出すことが出来ました。

20211105_recycle (2).JPG

準備日からの3日間で出たゴミは、燃やせるゴミ1袋、燃えないゴミ1袋に収まっています。少しでも環境問題を解決出来るように、私たちでもできる活動をこれからも行っていきたいと思います。

20211105_recycle (1).JPG

図書館だより:第5号(10月発行)

10月

22日

2021

今月は、図書委員会のお昼休みの活動を紹介させていただきます。

お昼休みはカウンター全般をお願いしています。また、週に1度、書店から新着図書が到着すると、発注した本が破損していないか・間違っていないかを確認する「検本」をします。なんと、このときにリクエスト資料でない限り、図書委員は優先して先に読むことができるのです。
書店でどんな本を見つけたか。テレビでどんな本を紹介していたか。ネットでどんな本が話題になっているか。どんな本を入荷するかを話しあい、「選書」する活動も行っています。
司書による新着図書のデータ入力が終わると、今度は「装備」をします。特殊なフィルムを本にかける作業「ブッカーかけ」を行います。この作業をやってみたいという声が多く寄せられているので、近日、ブッカーかけ体験を開催しますよ。

ぜひ、お昼休みを図書館で過ごしてくださいね。

 

「図書館だより:第5号」が発行されました。ぜひご覧ください。(PDFファイルが開きます)

令和4年度 教職員採用について

10月

13日

2021

本校では現在、令和4年度教職員採用(数学科、英語科)を行っております。
詳細は「教職員採用」のページをご覧ください。

中学校・高等学校:登校再開

09月

21日

2021

9月1日よりリモート授業を実施してきましたが、いよいよ本日より中学校、高等学校共に登校が再開となりました。昨年度からの経験もあり、教員側も生徒側もリモート授業に随分慣れてはいるものの、生徒によると、やはり友人と一緒に対面で受ける授業のほうが、「より楽しい」、「実感がある」ようです。

20210922 (2).JPG

全国的に新規感染者数は減少傾向にあるものの、まだまだ予断を許さない状況が続くことが予想されます。感染予防を徹底した学校生活が続きます。

20210922 (3).JPG

前の20件 1  2  3  4  5  6  7  8
資料請求