トップ > 文女ーあやめー

文女ーあやめー

新入生:実力テストを実施しました。

03月

23日

2016

新入生を対象に「スタディサポート(主催:ベネッセコーポーレーション)」を実施しました。このテストでは、新入生の皆さんがこれまで培ってきた基礎学力(英語・国語・数学)について測定し、入学後の指導データとするものです。
新入生の皆さんは、入学前の登校ということもあり少し緊張した面持ちでしたが、休み時間や昼休みになると新しい友人たちと少しずつコミュニケーションをとり、午後の教科書販売の頃には、だいぶ打ち解けた様子で談笑する様子が見られました。

本部棟の校庭の桜が新入生を応援するかのように綺麗な花を咲かせ始めていました。

(広報部 松崎 記)

20160323studysupport (4).JPG20160323studysupport (2).JPG20160323studysupport (1).JPG

新入生:入学準備説明会を行いました。

03月

13日

2016

高等学校に入学する新入生を対象に「入学準備説明会」を行いました。佐藤統括校長の挨拶に続いて、清水副校長より本校での生活のルールや学習の取り組み方などについて説明させていただきました。そのなかで、高校1年生が登壇し、1年前の気持ちや1年間での変化、新入生に向けてのアドバイスなどをお話ししてくれました。また、閉会後、ご希望の方を対象に海外語学研修(St.Benedict English Intensive Camp:米国/UK BEST:英国)について説明させていただきました。新入生の皆さんの表情からは、いよいよ高校生になるんだ、文京生になるんだ、という気持ちを察することができたように思います。
*ご参加いただいた皆様へ:説明用スライド上および配布したプリント上に誤記がありましたこと、改めてお詫び申し上げます。

(広報部 松崎 記)

20160313high (1).JPG20160313high (3).JPG20160313high (4).JPG

高校3年生:テーブルマナー教室

03月

2日

2016

本校では、例年この時期に、高校3年生を対象に「テーブルマナー教室」を行っています。高校を卒業すると、フォーマルな場での適切な立ち振る舞いが求められる機会が増えてきます。グローバル社会において、万国共通のマナーを理解しておくことのメリットは少なくありません。今年は、ホテルニューオータニの「鳳凰の間」をお借りして、ホテルの講師の説明を聞きながら、フレンチのフルコースを食しました。慣れた生徒もいれば、左右の友人の挙動に習う生徒も。フォーマルな場らしく少し緊張感を保ちつつも、終始和やかに進行しました。

4ad2ff335b2cf9ad01a2b76c5dfe955643f3e3f0.JPG20160302iwaukai (5).JPG20160302iwaukai (7).JPG

第2部は、雰囲気を変え、「卒業を祝う会」が行われました。ビンゴ大会やイントロクイズ、教員による劇(「白雪姫」)など、様々な出し物が準備され、卒業を惜しむかのように、生徒も教員も大いに楽しい時間を過ごしました。この会を企画・準備・運営したのは、各クラスから選出された実行委員の生徒たちです。推薦入試やAO入試などで受験し、比較的早く進路が決まった生徒たちがこの実行委員に名乗り出てくれ、今日まで様々な準備を進めてきました。この実行委員のお陰で、今年の「祝う会」も大成功となりました。その労を労うべく、会の最後に学年代表から花束が贈られました。

20160302iwaukai (9).JPG20160302iwaukai (10).JPG20160302iwaukai (11).JPG20160302iwaukai (14).JPG20160302iwaukai (16).JPG20160302iwaukai (17).JPG

高校3年生の登校は、7日の修了式、8日の卒業式(於:文京学院大学構内)が最後となります。

(広報部 松崎 記)

高校1年生:朝礼

02月

17日

2016

20160217-001.jpg2fc266f9e39061c799dda727e03c4d2d2d40f71e.JPGe45108defc9dd8d7c971fd291ce6dd672f3cda3f.jpg学年最後の朝礼です。体育の先生から正しい姿勢のお話。校長先生からはヒミツの出張先で出会った見栄えの良い若者のお話。まぎれもなく新しい世代に属する生徒たちですが、そういう環境で働く自分をイメージできたでしょうか。

第51回 富士賞授与式

02月

13日

2016

「富士賞」。本校で最も栄誉ある賞です。これは、本校の校訓である「誠実・勤勉・仁愛」を体現した生徒、仲間や先生方の信望が厚い生徒、あるいは地道な努力・精進を続けて大きな目標を達成した生徒を褒めてあげたいという、創設者 島田 依史子 先生の思いが形となったものです。学業、委員会、部活動で努力した生徒、または「勤勉」の象徴であるペン習字を年間で600枚以上書き上げた生徒などにこの賞が贈られます。
授与式に先立ち、中学、高校それぞれの生徒会長による「朝のことば」の朗読が行われました。そのなかにある『信用はデパートでは売っていません』という一節は、シンプルながらも多くの人に響く言葉です。生徒たちは改めて「誠実」であることの意味を考えさせられたことと思います。
「総合部門」に中高合わせて13名が選ばれ、一人ひとりに学園長から賞状とトロフィーが授与されました。「課外活動部門(個人)」「課外活動部門(団体)」には以下の生徒・団体が選出され、学園長から賞状とトロフィー・メダルが授与されました。

「課外活動部門(団体)」

・中学バレーボール部(関東大会準優勝 全国ベスト8)
・中学新体操部(関東大会出場)
・中学ソフトテニス部(文京区春季ソフトテニス大会 個人・団体優勝)
・高校バレーボール部(インターハイ準優勝/春の高校バレー全日本高校選手権3位)
・高校サッカー部(関東女子サッカー大会 準優勝)
・高校ソフトテニス部(高校総合体育大会団体戦東京都 5位入賞)
・高校硬式テニス部(東京都高等学校テニス選手権大会 団体戦 5回戦進出)
・高校新体操部(関東大会/高校総体 東京都予選 出場)
・高校カラーガード部(ダンスドリル選手権 全国大会1位/関東カラーガードコンテスト金賞)
・高校第65期生徒会

続いて、年間で600枚以上ペン習字を書き上げた生徒に「富士賞 ペン習字精励賞」の授与が行われました。今年は、中学154名、高校182名が賞を授与されました。また、600枚以上を書き、ご提出いただいた在校生保護者(14名)、卒業生(4名)、教職員(高石 副校長は26年連続)にも同様の賞が授与されました。

本日、賞を授与された生徒たちは、それぞれの分野で「まじめに、こつこつと」取り組んできた、「誠実」「勤勉」「仁愛」を体現する生徒たちです。本校で培われた素養は、必ずや社会で大きく花を咲かせることでしょう。皆さん、本当におめでとうござます。

その後、本校の前身である「十佳女子高等職業学校」を昭和17年に卒業された卒業生に登壇いただき、当時の様子のお話や在校生に向けてメッセージをいただきました。当時と現在の校舎や取り組みの違いに驚きながらも、いまなおペン習字が継続されていることを喜ばれていました。様々なお話のなかで、「色々なことを共有できる真の友達を見つけて、大切にしてください」と語られた場面で、在校生が微笑みながらうなずいていたのが印象的でした。時代を越え受け継がれる伝統を実感する、特別な式典となりました。

(広報部 松崎 記)

20160213fuji-syo (3).JPG20160213fuji-syo (2).JPG20160213fuji-syo (10).JPG20160213fuji-syo (16).JPG20160213fuji-syo (22).JPG20160213fuji-syo (26).JPG

高校1年生:富士賞(ペン習字)

02月

13日

2016

20160213-01.jpg富士賞授与式です。主に3年生が受賞しますが、高校1年生も、ペン習字600枚提出を果たした92名が表彰されました。返却を待つペン習字の束、積み重ねると壮観です。

中学1年生:節分

02月

3日

2016

2月3日(水)の終礼後、中学1年生の各教室で豆まきを行いました。英語の教科書にもちょうど節分が出てきたところでした。立候補生徒が鬼をやったり、担任が鬼をやったり、黒板に鬼を描いたり、クラスによってやり方は様々。最初は遠慮がちだったのが、だんだん本気になってきて、豆まきという名のストレス発散?!みんなとっても楽しそうでした。

(中1学年代表 丸山 記)

CIMG1901.JPGのサムネイル画像IMGP9992.JPGのサムネイル画像IMGP9967.JPG

高校1年生:研修旅行説明会

01月

30日

2016

84b7bff4344bf31c8d959ffc3d487633821fc8e4.JPG高校1年生は、保護者の方にお集まりいただき、次年度の研修(修学)旅行の説明と、各クラスでの懇談会を行いました。ご要望をしっかりと受け止めて、残りの1ヶ月間の指導にあたりたいと思います。

(高1学年代表 岡本 記)

生徒会:ひなまつりキャンペーン

01月

29日

2016

本日、生徒会ではホール前に雛人形の飾り付けを行いました。卒業生から頂いた7段飾りの雛人形です。まだまだ寒い日が続きます。雛飾りには少し時期が早いですが、一足早い春を感じてもらえたら幸いです。

(高校生徒会支援主任 高山 記)

P1290907.JPGP1290906.JPGDSC02204.JPG

高校1年生:研修旅行説明会

01月

20日

2016

20160120-02.JPG91d6549cedcd7da425f9342a3eee4290fd588135.jpg2年次の研修旅行(修学旅行)の説明会を行いました。次年度の所属コースも決定し、各コースごとに2~3種類設定されている研修旅行の行き先を決定します。半年後、1年後、の話ですが、4月以降、進めていくべきことはたくさんあります。

(高1学年代表 岡本 記)

中学3年生:六義園の散策

01月

13日

2016

中学3年生全員が本日の「総合学習の時間」に六義園を散策しました。入園前に「わかる!和歌る!六義園!」という資料をいただき、いつも身近に感じていた六義園について理解を深めることができました。また、天候にも恵まれ、冬の庭園の美しさを満喫し、進級テスト前のストレスを発散できたようです。

(中3学年代表 関口 記)

rikugien1.JPGrikugien2.JPGrikugien3.JPGrikugien4.JPGrikugien5.JPGrikugien6.JPGrikugien7.JPGrikugien8.JPGrikugien9.JPG

春高バレー3位 最優秀応援賞も受賞

01月

13日

2016

1月9日、全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)において、下北沢成徳高校との準決勝に臨んだ高校バレー部。惜しくも決勝進出は逃しましたが、堂々たる全国3位です。最後の最後までボールを追いかける選手の皆さんの姿に、勝利以上の感動をいただきました。選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。また、在校生・教職員以外にも、本当に多くの保護者の皆様や卒業生も会場に駆けつけ、熱い声援を送ってくださいました。約1,500名による大応援団は今大会の「最優秀応援賞」を受賞しました(通算4回目・全国初)。受賞理由は「全校生徒による大応援団を組織し、マーチングバンドとフラッグをコラボさせた調和のとれた応援でした」となっています。声援を送ってくださった皆様、本当にありがとうございました。

以下、産経新聞1月9日記事より抜粋

エース負傷響いた文京学院大女

文京学院大女は下北沢成徳の高いブロックに苦しみ、準優勝した全国高校総体に続く決勝進出はならなかった。昨年末に左足首を負傷したエース長内美和子(3年)は第1セット終盤と第3セット開始からコートに立ったが、「私が得点を決めないといけなかった。みんなに迷惑をかけた」と泣き崩れた。吉田岳史監督は「百パーセントに近い力は出せた」と納得の表情。指揮官は「3年生に心の底からありがとうと言いたい」とねぎらった。

2016harukoima3.jpg2016huarukoima2.jpg2016harukoima.jpg20160109haruko (11).JPG20160109haruko (13).JPGdfa3600abdc2a08b610fb062f75c445b4118acd4.JPG

(広報部 松崎 記)

高校3年生:もうひとつの「春高」

01月

9日

2016

20160109haruko.JPG

高校3年生用校舎「進学棟」では、センター試験を1週間後に控えた高校3年生が最後の追い込みを行っています。各教科が設定する「直前講座」の他、進路室等では過去問題や問題集に取り組む姿が見られます。まもなく本番。皆さんの努力が報われることを信じて止みません。

(広報部 松崎 記)

全校生徒がバレー部を応援しました。

01月

9日

2016

「春高バレー」準決勝が行われた今日、中学1年生から高校2年生までの全生徒と高校3年生の希望者が会場の東京体育館へ集合。学校をあげてバレー部を応援しました。保護者の皆様、卒業生、教員を加え、約1,500人からなる大応援団となり、東京体育館のセンターコートで戦う選手たちに声援を送りました。残念ながら勝利は逃してしまいましたが(第3位)、最後の最後まで必死にボールを追う選手たちと、最後まで声を振り絞って指揮をとる吉田監督の姿に、勝利以上の感動をもらいました。
佐藤校長の言うとおり、「決して体格的に恵まれたチームではなかったにも関わらずここまで来たことは、優勝に匹敵する」と、応援団からは大きな拍手が送られました。選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。

(広報部 松崎 記)

20160109haruko (1).JPG20160109haruko (4).JPG20160109haruko (5).JPG20160109haruko (12).JPG20160109haruko (8).JPG20160109haruko (14).JPG

春高ベスト4進出!

01月

8日

2016

高校バレー部が、春の高校バレー(全日本選手権)において、ベスト4に進出しました。 準決勝の相手は、同じく東京代表の下北沢成徳です。皆様、応援よろしくお願いいたします!決勝戦は、明日、1月9日(土)、東京体育館にて行われます!(試合開始は11:30の予定です)

以下、産経新聞1月7日記事より

「文京学院大女 成長示す白星」 ~エース富沢 相棒の欠場カバー~

 昨夏の全国高校総体準優勝の文京学院大女が誇るダブルエースの一人、長内美和子(3年)はベンチにいた。年末に左足首を負傷、初戦に間に合わなかった。「ずっと両エースでやってきた。大丈夫かな」。吉田岳史監督は不安だったという。 それでも、コートには、もう一人のエース、富沢結花(3年)がいた。集中するマークをものともせず、強烈なスパイクを連発。快勝スタートに貢献し、「(長内不在で)本当にヤバイと思ったけど、ほっとした」と、笑顔がはじけた。「美和子を(準決勝からの)センターコートに連れて行く」が、チームの合言葉。富沢は特にその思いが強い。中学時代からコンビを組み「2人で頑張ってきた」。“相棒”の思いは、「言われなくてもわかる」と燃えていた。富沢だけではない。指揮官は、「2人におんぶに抱っこでやってきたが、今日は子供たち全員が躍動してくれた」と、頬を緩めた。各自に芽生えた責任感が、チームをひと回り成長させたようだ。長内は7日の東京都市大塩尻戦での復帰にめど立った。「あしたにつなげてくれてうれしい。出たら今度は私が富沢を助けるプレーをしたい」と意気込む長内に、「無理はしてほしくない。自分たちがいい形を作って、美和子の今できる100%を出してもらえれば」と富沢。強い絆で頂点を目指す。(森本利優)

この後、東京都市大塩尻、札幌山の手をストレートで下し、準決勝に進出しました!ベスト4は、金蘭会、八王子実践、下北沢成徳と、強豪だらけ。しかし、これまで何度も奇跡を起こしてきた「チーム力」に期待したいと思います。そのためにも、みなさんの応援が不可欠です。選手と応援団が一つになったとき、「チーム力」は最高になると信じています!

(課外活動支援室 床爪 記)

始業日

01月

8日

2016

冬休みが明け、本日が始業日となりました。佐藤校長のお話に先立ち、様々な分野で活躍した生徒に対する表彰が行われました。

「島田和幸賞」(2名):平素の弛まぬ努力の結果、学業・芸術・スポーツなどの分野において、優れた業績をあげ、他の生徒に対して大きな励みを与える成果を残した際に贈られます。

■2年文理クラス S.Kさん
 紀の国和歌山国体 馬術部門
  少年スピード&ハンディネス競技 7位
  団体リレー競技 3位

■1年スポーツ科学コース H.Sさん
  ローラースポーツ世界スピード選手権出場

この他、

■剣道部(東京都高体連第2支部学年別剣道大会 高1女子個人の部:優勝)

■ソフトボール部(稲葉杯研修大会:2部優勝)

■ソフトテニス部(第57回東京私立中学高等学校ソフトテニス大会 女子第2部:準優勝/普及研修大会:ブロック優勝)

■新体操部(東京都秋季新人戦 団体競技の部:第4位)

■サッカー部(第24回全日本高校女子サッカー選手権大会 東京都予選:第4位/第11回関東高校女子サッカー大会:準優勝)

■3年理数クラス M.Kさん A.Yさん
 東京理科大学主催「第7回坊ちゃん科学賞」
 「~ギムネマ茶VSミラクルフルーツ~ミラクリン・ギムネマ酸の同時摂取が甘味受容体に与える影響の解明」:佳作

■2年理数クラス6名(共同研究)
 人類働態学会東日本大会
 「高校生女子にみられる外反母趾について」:優秀発表賞

など、様々な分野における活躍が称えられました。

201601shigyo (3).JPG201601shigyo (1).JPG201601shigyo (5).JPG

中学生:合唱コンクールが行われました。

12月

19日

2015

本郷キャンパス内の仁愛ホールにて中学合唱コンクールが行われました。各クラス英語による課題曲と自由曲の2曲を披露しました。ステージで心がひとつになった歌声はとてもきれいで、豊かなハーモニーがホールに響きました。3年生の中には、クラスの絆を感じたのでしょう、歌い終わるなり目を真っ赤にして泣いている生徒もみられました。

【プログラム】

1年生課題曲:『Edelweiss』
菊組:『この星に生まれて』
桃組:『Unlimited』
栗組:『Forever』

2年生課題曲:『You Raise Me Up』
菊組:『遠い日の歌』
桃組:『with you smile』
栗組:『旅立ちのとき』
松組:『Best Friend』

3年生課題曲:『Hymn To Freedom』
菊組:『Jupiter』
桃組:『証』
栗組:『YELL』
松組:『歩いていこう』

選抜合唱
『あすという日が』

審査をしていただいたピアニストの石川和男先生には、素敵なピアノ演奏もご披露いただきました。『幻想即興曲』の迫力のある音と素晴らしいテクニックに続き『映画もののけ姫よりアシタカとサン』、そしてファジル・サイ作曲『トルコ・ジャズ』とジャンルを超えた曲が次々に飛び出し、その魅力に惹きつけられました。
表彰式は嬉しい涙、悔しい涙、大きな歓声・・・。優勝に向けて真剣に合唱に取り組んだ証ですね。

(芸術科・音楽 松本 記)

20151219cho1.JPG20151219cho2.JPG20151219cho4.JPG

高校生徒会 第1回クリーンキャンペーンWeek

12月

16日

2015

12月10日から16日までの1週間、第66期高校生徒会では初の「クリーンキャンペーン」を行いました。普段使っている校舎・校庭・通学路を綺麗にし、いつもより心地いい登校をしてもらいたいという趣旨で行っています。
第66期の生徒会では、多くの生徒のみなさんに参加してもらいたいという考えで、1週間の企画に変えて取り組みました。朝はだんだんと寒くなってきており、外で掃除をするのが億劫になりがちですが、そこは「仁愛」の心を持ち備えている生徒たちです。積極的に落ち葉を集め、学校周辺のあらゆる場所を綺麗にしてくれました。

(高校生徒会支援主任 高山 記)

CIMG2089.JPGCIMG2093.JPG

中学3年生:合唱コンクールの練習

12月

16日

2015

中学3年生は、今週末に合唱コンクールが控えています。現在、放課後等を利用して、クラス一丸となって練習を重ねています。同時に、中学生徒会総会選挙も控えており、その打合せや司会の練習なども行われました。

(中3学年代表 関口 記)

3ongakusitudeasaren.JPG2gassyouasaren.JPG1gasyouiin utiawase.JPG

中学校:総務役員選挙

12月

16日

2015

第35期中学校総務役員選挙が12月16日(水)に行われ、新総務が選出されました。12月9日(水)~15日(火)までの1週間、校門横で早朝から元気な声を響かせ行った選挙活動、また、選挙当日ジャシーホールに集まった中学生全員の前で、立候補者全員が、総務としてやりたいことをしっかりアピールしていました。結果は、8名全員が信任されました。今後の活躍が楽しみです。

(中学生徒会支援主任 岸 記)

201512jrsel.JPG201512jrsel1.JPG2015jrsel2.JPG

前の20件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
文京学院このページの先頭へ