科学教育

科学教育

科学教育

Bunkyo Blog

2022.01.08

高等学校:「Online Science Fair 2021」(6)

2022.01.08

高等学校:「Online Science Fair 2021」(5)

2021.12.23

高等学校:「都内SSH指定校合同発表会」

2021.12.08

高等学校:「Online Science Fair 2021」(4)

2021.12.08

高等学校:「Online Science Fair 2021」(3)

2021.12.06

高等学校:「Online Science Fair 2021」(1)

2021.05.31

高等学校:「数学塾」

2021.05.24

「ミニエッグドロップコンテスト」

2021.03.06

令和2年度「高等学校研究成果報告会」

2021.02.27

「Online Science Fair 2020」Meetでの交流の様子

2021.02.25

英語による「学際数理探究」

2021.02.20

「Online Science Fair 2020」英語100秒プレゼンテーション

2021.02.20

「Online Science Fair 2020」文化交流

2021.02.13

「Online Science Fair 2020」コマ大会

2021.02.13

「Online Science Fair 2020」研究発表

2021.02.13

「Online Science Fair 2020」開会式

2020.10.02

GiS(女子生徒を中心とした科学系交流会)の企画が始動

2020.08.29

2020科学知講座『先輩の研究から学ぶ課題研究の手法の1例』

2020.08.21

2020科学知講座『課題研究で使う計測機器を自作してみよう』

2020.08.21

2020科学知講座『日常のなかの「問い」をみつめよう』

2020.08.19

学際数理探究特別授業「数学的モデリング」

2020.07.14

高校1年生:「学際数理探究」Egg Drop コンテスト

2020.02.08

学祭数理探究「変わりゆく北極を考える」

2020.01.11

タイ研修プログラム2019 8日目 最終日

2020.01.10

タイ研修プログラム2019 6日目・7日目

2020.01.08

タイ研修プログラム2019 5日目

2020.01.07

タイ研修プログラム2019 4日目

2020.01.06

タイ研修プログラム2019 3日目

2020.01.05

タイ研修プログラム2019 2日目

2020.01.04

タイ研修プログラム2019 1日目

2019.12.22

サイエンスキャッスル2019関東大会

2019.12.22

東京都SSH指定校合同発表会

2019.12.21

タイ派遣プログラム 直前発表会・結団式

2019.12.21

親子で体験!Super Science Laboratory 2019

2019.12.15

高校生科学技術チャレンジJSECで「審査委員奨励賞」を受賞

2019.12.08

IWRC2019 ペットボトルロケット・プロジェクト

2019.08.28

科学知 「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」2日目

2019.08.27

科学知 先端科学講座 IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座

2019.08.27

科学知 「日常のなかの「問い」をみつめよう講座」

2019.08.25

工学院大学わくわくサイエンス祭 科学教室 TA参加

2019.08.25

科学知 先端科学講座 「遺伝医学と生命倫理講座」

2019.08.24

科学知 先端科学講座 「遺伝子解析実験講座」

2019.08.23

学際数理探究 特別授業 2日目

2019.08.22

学際数理探究 特別授業

2019.08.10

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2019.08.03

しけんかんにゆきをふらせよう -親子で体験!SSラボ2019-

2019.07.27

つくって発見!スマホde顕微鏡 -親子で体験!SSラボ 2019-

2019.07.13

ポリドロンであそぼう! 親子で体験!SSラボ 2019

2019.06.11

スーパーレクチャー2019「古生物の進化を探る!」

2019.04.23

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 6日目

2019.04.19

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 2日目

2019.04.18

タイ PCSHS-P来校 2019科学交流プログラム

2019.02.23

第4回東邦大学−GNU先端化学に関する合同シンポジウム

2019.01.11

タイ研修プログラム2018 Science Fair

2019.01.07

タイ研修プログラム2018 3日目

2019.01.06

タイ研修プログラム2018 2日目

2019.01.05

タイ研修プログラム2018 開始

2018.12.24

サイエンスキャッスル2018 関東大会

2018.12.23

平成30年度 東京都内SSH指定校合同発表会にて

2018.12.22

タイ研修プログラム 壮行会

2018.12.22

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2018

2018.12.18

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!2」

2018.12.15

「その成果はいかに?」~平成30年度研究成果報告会~

2018.11.25

スリー・ツー・ワン・ゼロ「発射」~ペットボトルロケットプロジェクト~

2018.11.17

日本音響学会 音楽音響研究会

2018.11.06

SSH卒業生 追跡アンケートのお願い

2018.11.04

第5回SWR in 都立戸山高校への参加

2018.10.20

あつまれ!理系女子 東京大会 10/27

2018.10.06

ペットボトルロケットプロジェクト(第2弾)

2018.09.09

ペットボトルロケット "Intelligent Water Rocket Competition 2018"

2018.08.26

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2018.08.25

科学知「遺伝子解析実験講座+遺伝医学と生命倫理講座」

2018.08.21

理数キャリア夏期勉強会特別授業 Arduino講座

2018.08.07

科学知「日常の中の「問い」をみつめよう講座」

2018.08.05

科学知「比較解剖で理解する脊椎動物のからだ講座」

2018.08.04

文京アカデミー 子どもアカデミア 理科実験教室

2018.07.29

科学知「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」

2018.07.14

親子で体験!SSラボ さんすうだいすき!

2018.06.09

TJ-SSF2018 フィールドワーク

2018.06.08

TJ-SSF2018 研究発表・サイエンスラリー

2018.06.07

TJ-SSF2018 歓迎式・研究発表

2018.06.06

TJ-SSF2018へ出発

2018.06.05

フランス人化石研究者 特別講義

2018.04.21

タイ PCSHS-P 来校 サイエンスフェア

2018.04.20

タイ PCSHS-P 来校 高1化学実験授業

2018.04.10

平成29年度の研究成果発表会 表彰報告

2018.03.16

「SSH 学際科学特別授業」 アメリカ大使館員を招いて

2017.12.24

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー(SSラボ)

2017.12.23

サイエンスキャッスル2017関東大会参加

2017.12.23

平成29年度スーパーサイエンスハイスクール東京都内指定校合同発表会

2017.12.09

SSH・SGH研究成果報告会

2017.12.05

12月9日(土)午後 SSH・SGH研究成果報告会開催

2017.12.05

高校1年生:「サイエンスアゴラ2017」に出演!

2017.11.26

IWRC 2017 めざせ!人工衛星打ち上げ

2017.11.08

SSプレカレッジⅡ(SSPⅡ) 最終発表会

2017.09.15

映画「ドリーム」試写会 アメリカ大使館からの招待

2017.09.05

あつまれ!理系女子 東京大会 10月28日

2017.07.08

小笠原研修フィールドワーク事前学習 1日目

2017.06.09

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!」

2017.04.25

PCSHS-P、KVIS 科学交流6日目

2017.04.24

PCSHS-P、KVIS 科学交流5日目

2017.04.22

PCSHS-P、KVIS 科学交流3日目

2017.04.21

PCSHS-P、KVIS 科学交流2日目

2017.04.20

タイの生徒来校 科学交流1日目

2017.04.14

T-J サイエンスフェア2017

2017.03.20

平成28年度 第12回関東近県SSH校合同発表会への参加

2017.03.18

親子で体験SSラボ「イチゴのひみつ」

2017.02.05

TSS第5回生徒研究成果合同発表会

2016.12.24

親子で体験!SSラボ 「静電気」

2016.12.18

Intel (R)Genuino 101 Competition

2016.12.14

WAW!2016 国際女性会議

2016.11.21

サイエンスキャッスルゼミ・出張ミニプレゼン道場

2016.11.21

サイエンスアゴラのトークセッションに参加

2016.11.13

プレゼン道場へ参加してきました

2016.11.06

理系女子のためのシンポジウム

2016.10.20

集まれ!理系女子 10/29

2016.08.20

夏季勉強会&特別講義

2016.08.11

SSH生徒研究発表会

2016.08.06

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/6

2016.08.05

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/5

2016.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 04

2016.07.30

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 03

2016.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 02

2016.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2016.07.20

グローバル環境科学 フィールドワーク事前学習 六義園実習

2016.07.09

グローバル環境科学 小笠原でのフールドワーク事前学習

2016.06.23

サイエンスコロキウム 第2回タイ・セミナー

2016.06.11

第5回 エッグドロップコンテスト

2016.04.19

タイ PCSHS-P 5日目

2016.04.18

タイ PCSHS-P 4日目

2016.04.16

タイ PCSHS-P 3日目

2016.04.15

タイ PCSHS-P 2日目

2016.04.14

タイ PCSHS-P 来校 1日目

2015.12.26

タイ研修 6日目

2015.12.25

タイ研修 5日目

2015.12.24

TJ-SSF2015 4日目

2015.12.23

TJ-SSF2015 3日目

2015.12.22

TJ-SSF2015 2日目

2015.12.21

TJ-SSF2015 1日目

2015.12.20

TJ-SSF Thailand-Japan Student Science Fair 2015 へ出発!

2015.12.20

「人類働態学会地方会」にて優秀発表賞を受賞しました。

2015.12.12

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.20

東京理科大学 清水克彦教授の特別授業

2015.11.13

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.01

The 2nd Symposium for Women Researchers 第2回SWR(第6回SSH女子交流会)

2015.10.31

集まれ!理系女子 第7回女子生徒による研究発表交流会

2015.09.25

文女祭(あやめさい):マジカル・サイエンス・ツアー!

2015.08.29

女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(WAW! 2015)

2015.08.28

「遺伝子診断がもたらす未来とは?」 SSH先端科学講座

2015.08.23

工学院大学 わくわくサイエンス祭

2015.08.20

さくらサイエンス ノーベル賞科学者の講演と国際交流

2015.08.18

理数キャリア 特別授業 2日目

2015.08.17

理数キャリア 夏季勉強会/特別授業1日目

2015.08.10

Jr.SSH in 妙高

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9PM

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9AM

2015.08.08

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 サイエンス・クッキング

2015.08.06

SSH生徒研究発表会

2015.08.01

小笠原自然体験教室(4)

2015.07.31

小笠原自然体験教室(3)

2015.07.30

小笠原自然体験教室(2)

2015.07.29

小笠原自然体験教室

2015.07.18

親子で体験!SSラボ はなびのしくみをさぐろう!

2015.07.10

グローバル環境科学 フィールドワーク実習

2015.07.07

中学1年生:アドバンストサイエンス 課題研究活動報告

2015.06.20

エッグドロップコンテスト

2015.06.10

『恐竜の進化を探る!』 スーパーレクチャー

2015.06.06

卵の科学  学際科学

2015.05.30

「小笠原自然体験教室」の事前学習

2015.05.30

SSラボ(1):Mはかせ から の しれい。ブラックボックスの なぞ が とけるかな?

2015.05.09

10日 TBS 18時30分

2015.04.21

タイ PCCP 最終日目

2015.04.20

タイ PCCP 4日目

2015.04.18

タイ PCCP 3日目

2015.04.17

タイ PCCP 2日目

2015.04.16

タイ PCCP来校

2015.04.15

PCCP歓迎準備

2015.04.08

SSH説明会

2015.03.28

つくば科学研究コンテストで受賞

2015.02.14

平成26年度SSH研究成果報告会開催

2015.01.07

タイ PCCPサイエンスフェア

2015.01.05

タイ PCCP訪問

2014.12.09

スーパーレクチャー 『古生物学への誘い』

2014.11.15

理数クラス3年生が「JSEC 2014」の最終選考に

2014.11.08

タイ派遣生徒 事前プログラム(第1回目)

2014.11.01

タイ派遣生徒・説明会

2014.10.25

『理系女子フェア2014×講談社Rikejo』に参加

2014.10.24

「納豆菌が口内環境に与える影響の研究」が優秀賞を受賞!

2014.09.22

日本水産学会秋季大会参加(会場:九州大学箱崎キャンパス)

2014.08.24

高校1年・理数クラス わくわくサイエンス祭に参加

2014.08.18

高1・高2理数クラス 夏期勉強会

2014.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その4

2014.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その3

2014.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その2

2014.07.27

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2014.07.18

SSクラブ 東京海洋大学 特別講座

2014.07.09

数学特別授業(数論)

2014.07.01

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー

2014.06.28

人類働態学会でのポスター発表

2014.06.21

第3回~エッグドロップコンテスト~

2014.06.16

グローバル環境科学 小笠原事前学習

2014.06.14

卵の科学 ~加熱調理を中心に~

2014.06.07

親子で体験!SSラボ 第1回

2014.06.05

「グローバル環境科学」 小笠原自然体験 

2014.05.31

SS国際情報 校外特別研究活動 希少植物の残る里山に行こう

2014.05.31

学際科学 エッグドロップ装置の開発(3)

2014.05.23

コミュニケーション英語II

2014.05.17

SSコミュニケーション授業内容

2014.05.17

学際科学 エッグドロップ装置の開発(2)

2014.05.10

学際科学 エッグドロップ装置の開発

2014.04.30

情報セキュリティー講座(高校1年SS国際情報)

2014.04.25

タイ PCCP 六義園・浅草観光

2014.04.24

タイ PCCP 工学院大学へ

2014.04.23

タイ PCCP 清水建設での体験

2014.04.22

サイエンスフェアー タイ・PCCP

2014.04.21

タイ PCCP校来校

2014.03.30

日本水産学会春季大会参加 金賞・奨励賞に輝く

2014.03.22

SSH学際科学公開授業

2014.01.03

1月の活動

2013.12.01

12月の活動

2013.11.01

11月の活動

2013.10.06

10月の活動

2013.09.13

9月の活動

2013.08.25

7・8月(夏季休業中)の活動

2013.06.23

6月の活動

2013.05.20

5月の活動

2013.04.27

4月の活動

2013.03.23

3月の活動

2013.02.09

2月の活動

2013.01.27

1月の活動

2012.12.08

12月の活動

2012.11.18

11月の活動

2012.10.14

10月の活動

2012.09.30

9月の活動

2012.08.29

8月の活動

2012.06.16

6月の活動

2012.05.27

5月の活動

2012.04.28

4月の活動

高等学校:「Online Science Fair 2021」(6)

01月

8日

2022

11月17日より開催した本校主催の「Online Science Fair 2021」の最後には閉会式が行われました(11月20日)。この開会式は最終日の「サイエンス・フェア」(口頭発表)の後にすぐ行われ、本校生徒が司会を担当しました。
本校で理数キャリアコースの授業を長年担当するAllan Nisbet先生からの講評、本校副校長からの閉会の言葉等がありましたが、この閉会式では全日程を終えたPCSHS-P校生徒とサポートをした教員に修了書を授与する会でもあります。今回はオンライン実施のため、実際にその場で渡すことは叶いませんでしたが、生徒1人ひとりの名前を呼び、盛大な拍手を送ることで参加生徒の努力と活動を称えました。
閉会後のモニターには最後の別れを惜しむ両校生徒の姿がありました。遠く離れていても、共有した学びの時間が友情を育んだということでしょう。
次の交流は1月。タイに行くことは叶わないような情勢ですが、どのような形でも生徒の更なる成長が見られることを教員一同楽しみにしております。

高等学校:「Online Science Fair 2021」(5)

01月

8日

2022

本校主催の「Online Science Fair 2021」の最後のイベントは、4日目(11月20日)の「サイエンス・フェア」です。これは、両校の生徒が自身の研究を発表する場であり、生徒にとっては最も緊張するメインイベントです。例年であれば、他のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)校の生徒や大学教授を招待し、全体での口頭発表と、個別のポスター発表にて活発な科学交流が行われます。今年は本校とPCSHS-P校のみで行い、本校からは高校3年生4名、高校2年生3名が発表し、高校1・2年の理数キャリアコースの生徒全員が参加しました。

20211117~sicence_fair (47).JPG

司会は本校生徒が担当し、発表が始まりました。先に本校生徒の発表が行われました。
研究内容:「保冷剤を再利用したカイロの開発」「手書き文字から年齢を識別するAIプログラムの構築」など

次に行われたPCSHS-P校生徒の発表も大変興味深く、コロナ渦で研究活動が制限される中、数学に関わる研究が多く見られました。発表後には質疑応答の時間が設けられましたが、本校高校1年生も積極的に質問する姿が見られました。生徒たちの意欲、興味関心が高まっていくことが見て取れました。

20211117~sicence_fair (52).JPG

そして、今回は特別に本校卒業生を招いて発表をしていただきました。泉水彩花さん(2014年度卒業:後期博士課程1年)、岩尾真理奈さん(2015年度卒業:修士課程2年)、小林未奈さん(2015年度卒業:修士課程2年)の3名が発表してくれました。3名はそれぞれ、初代タイ科学交流プログラム参加者・2代目タイ科学交流プログラム参加者で、実際にタイに行き科学交流をしています。かつ現在大学院に所属しており、研究活動を行いながら、自分の専門性を高めている最中です。今回は、『タイとの科学交流プログラムが自身の進路・研究活動にどのような影響を与えたのか』『高校生当時や今の研究活動がどのようなものか』についてそれぞれ発表していただきした。
本プログラムを通じて、「今の自分を形成する数え切れないほどの経験をすることができた」といったことを語っていただきました。プログラムに参加した高校生当時には強くは意識していなかった「国際的な視野」や「自身の興味関心を深められる環境」なども、現在大学院で研究活動をしている今になって感じるられるようになったそうです。

20211117~sicence_fair (50).JPG

3時間以上に及ぶ長丁場となりましたが、最後まで内容の濃い科学交流となりました。互いに研究内容を知り、互いの母語ではない英語での発表を見聞きし、今後の研究活動と発表へのモチベーションが強まったことと思います。ただ研究するのではなく、そこから何を学べたのか、何を伝えたいのか。そしてそれを誰に伝えたいのか。本校では、英語で自分の意見を伝えられることを目標にしていますが、これは理数キャリアコースに限ったことではありません。今まで懸命に取り組んできた研究を伝えようとするその姿に、今後一層の成長が期待できます。

20211117~sicence_fair (48).JPG

高等学校:「都内SSH指定校合同発表会」

12月

23日

2021

多摩科学技術高校が幹事校として、工学院大学後援の下、工学院大学が構築したオンライン環境上で「令和3年度 東京都内SSH指定校合同発表会」が実施されました。
参加校については以下の通りで、今年度のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校や元SSH指定校が参加しました。

お茶の水女子大学附属高等学校
筑波大学附属駒場中・高等学校
東京学芸大学附属高等学校
東京学芸大学附属国際中等教育学校
東京工業大学附属科学技術高等学校
都立小石川中等教育学校
都立立川高等学校
都立多摩科学技術高等学校
都立戸山高等学校
都立日比谷高等学校
玉川学園中学部・高等部
中央大学附属中学校・高等学校 東海大学付属高輪台高等学校・中等部
都立科学技術高等学校
文京学院大学女子中学校 高等学校
豊島岡女子学園中学校・高等学校
都立富士高等学校

本校からは高等学校「理数キャリアコース」の1年生6名(発表内容は社会と情報の授業の中で行ったもの)、2年生24名(発表内容は個人またはグループでの研究内容)が参加し、研究内容の発表ならびに他校生との発表の聴講を行いました。
また、同時に行われた「教員研究」では、探究活動を用いた大学入試の現状についての話が大学より伝えられました。探究活動が指導要領においても重視されるようになり、大学側も変革を強く求められているとのことでした。

現在は新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインでの参加が多いのが現状ですが、多くの方のご協力もあり、こうした活動が停滞することなく実施できています。

thumbnail_IMG_2370.JPG

高等学校:「Online Science Fair 2021」(4)

12月

8日

2021

「Online Science Fair 2021」の2日目午前中には、PCSHS-P校教員による物理の授業が行われました。
毎年の科学交流の定番となっているイベントで、一昨年にPCSHS-P校を訪問した際には「歯ブラシロボット」を用いたコンテストが行われました。今回は、本校から理数キャリアコースの高校2年生全員が参加。テーマは「静電気について」でした。本校では「物理基礎」を高校2年生から履修するため、生徒にとっては未習の範囲での活動です。

20211208_ph (4).JPG

はじめは静電気の仕組みを知るための活動として、A4用紙を好きなように筒状にし、それを静電気で1メートル引っ張る時間を競いました。静電気を起こすために、ポリ塩化ビニル(PVC)製のパイプに同じくA4用紙を擦ります。本校生徒はPCSHS-P校生徒とグループを組み、「Zoom」で接続。静電気を大きくする方法や、紙の筒の形や重さをどう変えるべきかを一緒に考えました。もちろん、英語でのやり取りですが、中には図を書いて見せ合うことで意思疎通を図るグループもあり、ICT機器使用の工夫が見られました。この活動後、なぜ紙を擦ると静電気が発生するのかについてレクチャーが行われ、実際に目の当たりにした現象を科学的に理解していました。

20211208_ph (1).JPG20211208_ph (7).JPG

最後は、静電気による綱引き大会が行われました。テーブル中央に置かれたアルミ缶を同時に左右から静電気で引っ張り、どちらが規定線まで先に引けるかを競います。ここでも各グループで相談し、紙を最初にくしゃくしゃにするグループ、擦る速さよりも擦る時の力に目を向けたグループなど様々でした。タイ、日本それぞれでトーナメントが組まれ、いよいよ対戦。同じグループのPCSHS-P校生徒が勝利すると大喜びする本校生徒の姿。そして日本の対戦を見て盛り上がるPCSHS-P校。離れていても、高校生らしい友情や、科学を楽しむ姿が見られました。

20211208_ph (2).JPG20211208_ph (5).JPG

終了後、参加した本校生徒からは「もっと綱引きをやりたかった」「あれだけ工夫したのに負けて悔しい」といった活動に対する声や、「タイの子達ともっと話したかった」「次はいつ話せますか?」といった交流に対する声が聞かれました。まさに、科学を通じて彼女たちの世界が広がったことを感じました。
楽しみながら、科学を学ぶ。その素晴らしい時間を提供してくださったPCSHS-P校の先生に本当に感謝しています。本校も今回のものに負けないプログラムを今後も展開していこうと思います。

20211208_ph (3).JPG

高等学校:「Online Science Fair 2021」(3)

12月

8日

2021

「Online Science Fair 2021」では、本校教員による特別講義も行われます。様々な授業のうち、今年度「プログラミング」を担当したネイティブスピーカー教員のコメントを紹介します。彼は、本校で中学1学年に所属し、通常授業やHRに加え、「国際塾」でも「Game Programming」等の講座も担当しています。

The science fair is an excellent time for students to collaborate across international borders. It’s also great for them to make connections between what they learn in class and the world around them. For this session, I wanted to show how mathematics can be used in real life applications, give the students some programming experience, and introduce video games as a medium for learning and study.
Mathematics are important tools we can use to describe and manipulate our world, but much of that wonder can be lost in day to day classes. For this class, students had the opportunity to link the math they had learned in class with game development and the wider area of video games. The students could use basic equations and inequalities to describe a game character’s movement and speed. They could also use vectors to define a character’s position and create a path for the character to follow. With a little mathematics, the students could begin to learn some basic programming.
Programming has become a valuable skill and useful in many industries and occupations in the modern world. The students were able to see programming in action by using the Godot Game Engine and the GDScript programming language. They learned the basic programming principles of variables and functions. They also learned basic ‘if’ statements in functions to manipulate variables. With these basic programming tools, they could program the movement of a game character to reach a goal.
Video games have grown into a massive industry around the world and many students have experience playing them. It is a young artform that is just beginning to be studied and built upon. By using video games as a bridge to science and math, we can motivate students to explore more in these areas. For this class, we wanted to show how students can use math and programming to create something fun for people to enjoy. We also wanted to motivate them to relate and integrate their math skills with their other interests.
In this class, we showed how math can be used in real world applications and gave the students some programming experience. We also introduced video games as a medium for learning and study. The science fair was an excellent opportunity for international relations and joint study. I hope the students will have more chances like this in the future.

20220115_sciecefair.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
資料請求